So-net無料ブログ作成

ベルリン・イエス・キリスト教会訪問 [教会]

ノンノンのブログ、本日からスタートします。よろしくお願いします。

まず過去の話になってしまいますが、去年の2011年6月に敢行したベルリン音楽鑑賞旅行について徐々に公開して行きたいと思います。このベルリンツアーではひとつのこだわりがありました。フィルハーモニーでベルリン・フィルを聴く、ということ。

そしてあのカラヤン/ベルリン・フィルの録音場所として有名で、まさに名盤生産基地だったベルリン・イエス・キリスト教会を訪問することでした。フィルハーモニーが1963年に創設されたとき、音響がいまいちで、カラヤンは録音場所にフィルハーモニーを使わず、このベルリン・イエス・キリスト教会を使い続けたのです。フィルハーモニーは反響板を付けたり、ステージの高さを調節したりすることで、ようやく音響的にカラヤンの満足がいくようになったのはその10年後と言われています。カラヤン/ベルリン・フィルだけでなくフルトヴェングラーやベームなどの巨匠達も頻繁に使用したまさにクラシック・ファンにとっては聖地のようなところなのです。ベルリンにコンサートを聴きに行く、という人はいても、こういう録音現場の教会を訪問するというこだわりの人は、あまりいないと思います。そういった意味で、この教会を訪問することが、今回の旅行の1番のこだわりでした。

 教会はベルリン郊外のダーレムという地区にあります。ベルリン市街からU-Bahn(地下鉄)を乗り継いで、50分くらいかかります。宿泊はFriedrichstraβeでしたので、U2でWittenbergplatsまで出て、そこでU3に乗り換えてThielplatsで下車です。

004.JPG 

駅に着いたら、すぐ左折してさらにすぐに右折してまっすぐ歩いて行くと教会に到着します。本当に駅のすぐ傍にあるのです。この付近はとても静かな住宅街で、ほとんど無音に近いぐらい静寂で鳥のさえずりが聴こえるだけの本当にのどかなところです。駅から歩いて5分もしないうちに教会に到着です。

016.JPG

ずっと憧れていた聖地、そして写真でしか見たことがなかった建物がいま自分の目の前に現れたのです。凄い興奮でした。夢中で写真を撮り続けました。1930年の建築物でれっきとした戦前の建物なので、確かに古さを感じます。じつはこの教会を訪れるにあたって、英語が話せて教会の中を紹介してくれたり、またベルリン・フィルの録音話などの話も可能という教会の人とコンタクトをずっと取っていたのでした。Wenzelさんという方です。(↓)

021.JPG

10時の開門と同時に、Wenzelさんが扉を開けて外に出てきましたので、扉の前で待っていた私は、すぐにご挨拶してそのまま教会の中へ案内してくれたのでした。教会内部は全面石造りで、なぜか椅子や扉が全部グリーン色で統一されているというなにか不思議な美的センスを感じました。

032.JPG

038.JPG

このステンドガラス、確かにカラヤン/ベルリン・フィルのLPのジャケットで見覚えありますね。教会の中に入ると、写真で見ていた感じに比べて、自分が想像していたより狭い空間に感じました。オケが入る訳ですから、かなり広いイメージがあったのです。やはり祭壇のところは圧倒されますね。壁は全体的に石で出来ています。そして三角の屋根の部分はなぜか濃い茶色の木造で出来ているのです。きちんと綺麗に並べられた椅子の統一感は圧倒されるものがあります。Wenzelさんは、「この緑色の椅子を後方に全部寄せて、前方にスペースを作って、そこにオケを入れるんだ。指揮者は大抵この祭壇に立って指揮するという感じかな。」「1970年代半ばまでカラヤン/ベルリン・フィルの録音場所として有名だが、じつは1940年代のフルトヴェングラーの時代から録音場所に使っていたんだ。」と仰っていました。

041.JPG

そこでWenzelさんが、「いいところを見せてやる。カラヤンが使っていた部屋を見せてやる。」というのです。教会の後方の入り口を出て横のほうにある狭い部屋を紹介してくれました。中は真っ暗でしたが、薄明るい照明をつけてくれました。この部屋がカラヤンが使っていた部屋だそうです。(↓)

022.JPG

教会の中の音響は、かなりライブ(響き多め)な感じで響く感じでした。この後、ミサがあり、それに参加したのですが、いきなり後方の2階からパイプオルガンの音が教会内部に響き渡るのです。これは素晴らしいです。オルガンの音が響き渡った瞬間、思わずびっくりしてのけぞってしまいました。いかにも教会の音響らしくとても響きが長く綺麗な音です。これだけ響く音響のこの教会で、もしオーケストラが演奏するとこれは大変なことになるな、と思いました。とにかく夢のようなひとときで、自分が憧れていた教会の中を実体験できて本当に幸せでした。いわゆる名盤生産基地として実績を上げてきたこの教会を直接訪問できて、とても名誉なことだと思いました。一生の大切な思い出ですね。このベルリン・イエス・キリスト教会、現在も録音場所として現役なのです。

 2011/6/5 ベルリン・イエス・キリスト教会訪問


nice!(1)  コメント(12)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 12

NO NAME

ブログ開設おめでとうございます!
ノンノンさんのこだわりの日記はたくさんの方が
読んでくださると思います。
がんばってください!!

by NO NAME (2012-11-13 20:59) 

GRF

ノンノンさん ブログ開設おめでとうございます。素敵な写真が多くていいです。
これがイエスキリスト教会ですか。イメージしていたのと違って幾分狭い感じがしますね。カラヤンの写真は下から撮られていたからかもしれません。私も何時か行ってみたいと思っています。



by GRF (2012-11-13 21:02) 

Ponta

早速リンクしましたぜ!よろしぴく!
by Ponta (2012-11-13 21:12) 

たくみ@深川

今だ!1番ゲットォォォォ!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄       (´´
     ∧∧   )      (´⌒(´
  ⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
        ̄ ̄  (´⌒(´⌒;;
      ズザーーーーーッ

あ、これは失礼(笑)。

ブログ開設おめでとうございます(〃^・^)_∠※花束
これからもノンノンさんらしい、親しみのある文章で、
皆さんを楽しませてくださいね。
by たくみ@深川 (2012-11-13 21:56) 

amber

ブログスタート、おめでとうございます。
わたしのブログはちょっとだけお休み中ですが、
ノンノンさんのブログ開始に勇気づけられてそのうち再開します。

by amber (2012-11-13 22:18) 

椀方

ブログ開設御目出度うございます。
早速ブックマークしました。
by 椀方 (2012-11-14 07:51) 

ノンノン

NO NAMEさん

ありがとうございます。これからみんなに愛されるブログを目指すのでぜひ応援してください。でも内容が、かなりマニアックかも?(笑)
by ノンノン (2012-11-17 14:41) 

ノンノン

GRFさん

ありがとうございます。GRFさんのブログに負けないように熱いブログにしていきたい、と思います。そう!これがイエス・キリスト教会です。実際狭かったです。ここにオケが入るとは信じられませんでした。でもミサのオルガンは素晴らしい音響でしたよ。
by ノンノン (2012-11-17 14:44) 

ノンノン

Pontaさん

ありがとー。ぜひ楽しんでね。PontaさんのHanakoちゃんのブログも毎回チェックしてるよー。
by ノンノン (2012-11-17 14:45) 

ノンノン

たくみさん

残念でした。1番ではなかったです。(笑)
でもありがとうございます。mixiよりも完成された文章に更生し直しますので完成度は高いと思います。
ぜひ楽しんでくださいませ。でも更新が大変だなぁ~。(笑)
by ノンノン (2012-11-17 14:47) 

ノンノン

amberさん

ありがとうございます。amberさんのブログもチェックしてますよ~。(笑)やっぱりブログは更新が大変ですね。あと当面はmixiからの移植になりそうですので、著作権とか文章の修正とか結構時間かかりますね。
でも魅力的なブログにしていきますので、今後ともよろしくお願いします。
by ノンノン (2012-11-17 14:49) 

ノンノン

椀方さん

ありがとうございます。
椀方さんのお洒落なブログには敵いませんが、ぜひ今後ともご愛読の程をお願いします。結構マニアックな内容かも?(笑)
by ノンノン (2012-11-17 14:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 1