So-net無料ブログ作成
検索選択

体験!丸の内タニタ食堂 [雑感]

みなさん、体脂肪計などを提供する健康器具メーカーで有名なタニタの社員食堂ってご存じでしょうか?

なにせ栄養管理士が指導するヘルシーメニューで、この社員食堂でずっと昼食を採ってきたタニタの社員が年間で20kgも痩せたという人を代表に、ほとんどの社員が例外なく痩せるというから驚きなのです。

この健康メニューのレシピをぜひ本にして欲しいという熱い要望により、「体脂肪計タニタの社員食堂」というレシピ本を出版したところ、400万部を超える超ベストセラー。

一躍、タニタの社員食堂は世間で注目を浴び、TV報道でも頻繁に取り上げられ今大注目なのです。

そこでタニタの社員だけが利用できる社員食堂だけではなくて、レシピ本の購入者から「社員以外でも食べられる場所を提供してほしい」 といった要望が多く寄せられたこともあって、ついに「丸の内タニタ食堂」として開店オープンしたのです。

報道でも頻繁に取り上げられていて、かなり大フィーバーしている。同食堂は、タニタ社員食堂のコンセプトを忠実に再現したメニューを用意します。

この一連の報道を興味を持って観てきた生活習慣病を抱える私(笑)は、ミーハーなので、ぜひ行ってみた~い、と有給休暇を取って、この丸の内タニタ食堂に行ってきました。(物好きというか暇人かも~(笑))

11時開店だが、8時半から整理券を配布するというから、今日は7時起床。普段の通勤より早い。(笑)

場所は、有楽町駅から徒歩数分のところにあります。日比谷の帝国劇場の裏の国際ビルヂングという建物の地下1階にある。このフロアは丸の内のオフィス街で就業する人たちの昼食を取るための食堂街となっていて、タニタ食堂もその中の一店舗として存在していました。

丸の内タニタ食堂
001.JPG

002.JPG

8時20分頃到着したら、すでにたくさんの行列が出来ていました。客層はやはり女性が圧倒的に多かったと思う。でもサラリーマン風の男性も結構いました。さっそく並んで整理券ともいうべき缶バッジをもらいました。

缶バッジ
003.JPG

食堂内のスペースは限られた空間なので、時間分割制なのです。本人の希望の時間帯を告げて、それに相当する缶バッジを受け取る。私は11:00~11:30を選びました。

そしていよいよ11時で開店。
どんな味なんだろう?と結構ワクワクです。(笑)

店内に入るとまず自販機で発券する。

自販機
005.JPG

日替わり定食と週替わり定食の2種類あります。
日替わり定食を選びました。本日のメニューは鶏肉のピーナッツバター焼き定食(525Kcal)である。

本当は週替わり定食も頼んで両方経験してみたかったのですが、ヘルシー健康管理のための食事なのに、そんなことしたら怒られると言うか意味ないような気がして辞めました。でもやろうと思えばできます。(^_^;;)

ここの食堂は基本的にセルフサービスなのです。

厨房~受け取り
006.JPG

013.JPG

ご飯は自分でお茶碗によそる。
011.JPG

お茶碗には目盛(クッキングスケール)がついている。上の線が150g(240kcal)、下の線が100g(160kcal)。結局上の線まで並々によそってしまいました。

019.JPG  018.JPG

お茶やお水をそそる。
015.JPG

これが日替わり定食である鶏肉のピーナッツバター焼き定食(525Kcal)。 
016.JPG

食堂内の様子(そんなに広い空間ではありません。) 
012.JPG

テーブルの上にはタイマー(マカロンタイマー)が置いてあります。ゆっくり何回も噛むことで満腹中枢を満たす、ということである。私は超早食いなので駄目なのです。

017.JPG

さあ、さっそく食べてみました。
鶏肉から一口ガブリと食べると...........

うん?塩味が全くついていない。油もほとんどない。なんか無味無臭でパサパサして美味しくない!(泣)
塩分も控えめということだがら、たぶんこんな味なんだろう、と思います。

味は上からかけてあるピーナッツバターのみ。

正直美味しくない!
塩分、油成分がほとんど入っていないから、いわゆる健康食なんだろうと思うけど、こうして考えてみると普段自分が食べているもの、つまり香ばしいと感じるものが、いかに化学調味料が多く含まれていて、塩分が強くて油が豊富なんだろう、と思ってしまいました。

例えが悪いけど、こりゃ糖尿病患者が入院中に与えられるカロリー制限の糖尿食みたいな感じ。

ひじきみたいなものもまあこんなもんだろう、という感じでそんなに美味というほどではない。

あっ、でもお吸い物は美味しかったです。

総じて、いかにも健康食という感じで、食欲を満たしてくれるガッツリ感というのは当然なし。確かにこういう食事を毎日続けているとカロリー制御ができて痩せて行くんだろうな、と思いました。

でも、たとえばラーメン屋を例に挙げるとすると、どこのラーメン屋は独特のスープの味が抜群で病みつきになる、だからリピーターになって通うんだ、という話と、この健康食とは次元が違う話のような気がします。

自分の味覚を刺激する独特の味を持っているから通い詰める、というのが食堂が繁栄するポイントだと思うのですが、私はこの健康食じゃ通わないな。(笑)

でも、いまこの大ブームの中、タニタ食堂に通い詰めたいというリピーターも多いそうなので、痩せる健康食は、一種のブームなのかも?私的には一番効力を発揮するのは、やはり会社の社員食堂として契約して、社員食堂としてやっていくのが一番この健康食の目的にあっているような気がします。

単発でこの健康食を食べても効果薄で、継続は力なりだからです。

タニタの計画には、今後チェーン店としての外食産業だけでなく、そういう社員食堂としての計画もあるそうです。

この痩せる健康食が外食産業としてどこまでブームが続くか、興味深く見守りたいです。いまとにかく凄いブームなんです。健康食ブームなんですよね。

私は、今回経験できたので、もういいかな?という感じです。リピーターとして通うという魅力は感じない。
うちの会社の社員食堂として入ってくれれば大歓迎です。

食堂内には、タニタの体重計、体脂肪計などが展示されています。 
014.JPG

あとカウンセリングルームもあって無料で食事カロリー制御などのカウンセリングが受けられるようになっています。
008.JPG

この体験記は2012年1月18日のものです。あれからほぼ1年経過しましたが、このタニタ食堂、いまだに大盛況なのだそうです。すごいですね。健康食ブームは凄いです。
いま話題沸騰の「丸の内タニタ食堂」、経験できてよかったです。
 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0