So-net無料ブログ作成
検索選択

東京で1番美味しいと思うお寿司屋さん:美登利寿司 梅丘本店 [グルメ]

先だって銀座「久兵衛」の取材日記をしたためたとき、その文末に、これだったら梅ヶ丘にある美登利寿司のほうがずっと美味しい、ということを書いた。そしてそのときじゃあ、美登利寿司はこんなに美味しんだよ、という追撃取材を後日しようと思っていた。

美登利寿司は、それこそ大繁盛で、東京の各地に支店を持つほど超人気店。本店は小田急線沿いの駅の梅ヶ丘。梅丘本店、梅丘新館、銀座店、渋谷店、玉川店、赤坂店などすごい人気なのだ。

じつは自分が美登利寿司の存在を知ったのは、就職で北海道から上京したての25年以上も昔。当時会社の独身寮が川崎の新百合ヶ丘にあって、梅ヶ丘とは同じ小田急線沿いにあるので、本当によく頻繁に通っていた。

知ったきっかけは、自分がファンであった女性スキーヤー上原由さん(当時はスキーというスポーツが花形で人気があったのです!)のプロフィールに好きな食べ物は、梅ヶ丘の美登利寿司というのが書いてあって、それで行ってみた、という不純な動機だった。(笑)

でもそれで行ってみて食べてみた感想は、「これは美味しい!」という衝撃そのものだった。そしてこの美登利寿司は、超人気お寿司屋さんで有名であることもわかり、それから足繁く通うようになった。

和食党で、しかもお寿司がダイスキ!という自分にとっては、堪らないお店だった。

でも東京にある無数のお寿司やさんを大半回ったなどとは到底言えないのだが、でも自分の中では、東京のお寿司やさんの中では1番美味しいお店だと思っている。

海外赴任を経て、現在の東横線沿いの住まいに移ってからは、小田急線は遠いので、だんだんと足が遠のいていった。渋谷にも支店はあるのだけど、自分にとって美登利寿司といえば、やっぱり梅丘本店。やはりそこで食べたい。

ということで、じつに久しぶりに梅丘本店に本日行ってみた。
梅丘本店も結構移転など繰り返しており、昔あった場所とはずいぶん違うところに存在していた。
でも梅ヶ丘駅の北口を出て、歩いていくと、すぐにその場所がわかった。

美登利寿司 梅丘本店
6FmE7hzq7xcHCaa1387895949[1].jpg

11時開店なのだが、そのときに行ってもこの大行列。はぁぁぁ~。
fTBcDvl44FT35dN1387896010[1].jpg
 

でも驚いたことに信じられないくらい回転率が早くて、あっという間に列がどんどん進んでいく。あとで店内で食べてみたときに感じたのだけど、やっぱりゆっくり歓談でもしながら時間をかけて食べるという感じでなくて、結構せわしない感じでどんどん入れ替わる、これじゃ確かに回転率が速いわけだ。人気店の宿命なのかもしれないけれど、唯一の欠点かなぁ。ということで、ほとんど待たずにすぐに入れることになった。

梅丘本店は1Fと2Fからなっている。
大半がカウンター席で、テーブル席が若干申し訳なさ程度という感じ。
店内はそんなに広いとは言えず、むしろ狭い方だと思う。

1F
Gz9_p6I17jmBaxI1387896171[1].jpg

2F
AisLSn_C7jZ_6En1387896228[1].jpg

自分は2Fのほうに通され、カウンター席を選んだ。
どのメニューにしようか、迷ったが、「板さんおまかせにぎり」というメニューを選んだ。茶わん蒸し、蟹みそサラダ、味噌汁、デザートがついて、なんと2940円!!!(驚)

やっやっ安~い!やっぱり人気店は安くてうまい!というのが必須条件で、これだけのボリュームの食べ応えにこのコスパの良さ、すごいお得感がある。 

カウンターは職人さんの握っている姿を観れるのでいい気分なのだ。本当に粋だねぇ、という感じですなぁ。
R87LFAm3ejzLhhs1387896278[1].jpg

それで待ちに待った、「板さんおまかせにぎり」が完成~。

どう~よ、これ!(笑)
25940505_2034545565_96large[2].jpg
 

カウンター席で普通にこのメニューを選ぶと、カウンターは狭いので小さな皿で分けて供給されるのだが、「一緒盛り」というように大きな皿ですべてのネタが乗るように注文すると、このように見事な見栄えのあるにぎり一式が見れるのだ。

いや~ホントに美しい。そしてネタ、シャリともにデカイ。口に含んでみると、これがめちゃめちゃ美味しい。食べごたえのあるお寿司とは、まさにこのこと。やっぱりお寿司はこうでなくっちゃ。

銀座「久兵衛」のお寿司がいかに小さくて、こじんまりとしてて食べ応えがないか、しみじみとわかりました。

もう断然、美登利寿司のほうがオイシイ!

銀座「久兵衛」のときは全部食べても、なんか物足りなくてお腹がいっぱいにならないのだけれど、美登利寿司の場合は、ホントにこれだけで、すごい満腹感。食べた~美味しかった~という感じがつくづく味わえる。

そもそも久兵衛の寿司は一仕事してあって手の入っていないものは少ないいわゆる芸術品。値段を考慮すれば当然だが、それとコスパ最高の大衆寿司の美登利寿司を比較すること自体、間違っているかもしれないが、要は、自分の口に入った時にいかに感動するのかなのである。そういった意味で、自分の味覚が庶民的なにかもしれないが、圧倒的に美登利寿司のほうがいいのである。 

茶わん蒸し、ミニかにみそサラダの写真は撮り忘れたけれど、こちらが味噌汁。お魚のアラの味噌汁で凄い美味しい。
PSUXrT8H9l10zDe1387896329[1].jpg
 
そしてデザート。豆腐のヨーグルト。サッパリで美味しい。
fAWfal9c21Qnddv1387896373[1].jpg

これで全部しめて2940円!この安さ!銀座「久兵衛」のときは1万円以上だったけど、やっぱり人気のあるお店というのは美味しくて安い!この両方が成立しないとダメですね。

自分にとっては、美登利寿司 梅丘本店は、やっぱり東京で1番美味しいと思うお寿司屋さんなのです。

梅丘寿司の美登利総本店
http://www.sushinomidori.co.jp/index.html


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0