So-net無料ブログ作成
検索選択

生まれてはじめてフォアグラ・トリュフ・キャビアを食べてみますた。(^^;;)......俺のフレンチ体験記 [グルメ]

世界三大珍味であるフォアグラ・トリュフ・キャビアを生まれてはじめて食べることができた。感想は、フォアグラとキャビアはそんなに感動もしなかったけれど、トリュフは、もうこの世のものとは思えないくらい絶品にうまかった!いままでこんなに美味しいものを食べたことがなかったと思えるくらい!

発端は、以前、高級江戸前鮨の銀座久兵衛に行ったときに、その隣の隣くらいに、ずいぶん並んでいる店があるなぁという感じで気になっていた。数日後に、深夜番組で特集されていて、あっ、このお店、あそこのお店だ!と思い、特集されていて、料理の品々もじつに美味しそうで、ぜひこれは行ってみたい、とかねがね思っていたのである。

このお店の売りは、フォアグラ・トリュフ・キャビアなどの高級素材を、リーズナブルな値段で食べれますよ!というところ。
店員さんも言っていたが正直採算度外視の運営をしているように思える。

4時開店ということで、激込が予想されたので、余裕を持って2時頃に行ったら、すでにこの有様。(^^;;)
fBuctG8IY7b7lIK1394323134[1].jpg

どんどん並んでいき、気の遠くなるような行列ができる。 そしてお店の人が出てきて、オーダーの仕組みや料理やいろいろなルールを説明するのだ。写真の1番左にいるアンチャンがそうである。
hVyRySneKs4WUfB1394323178[1].jpg


客層は、これはもうみんな超若い子ばかり。ホントにみんな若い子ばかりで特に女の子ばっかり、と言っていい。自分のような初老の域に達するオジサンはほとんどいなかった。かなり恥ずかしかった。(^^;;)

この俺のフレンチは、チェーン店なのだが、私が行ったGINZA店は1番行列ができる店のようだ。シェフ、店員も超若い子ばかりのようだ。いわゆる若い子による独創的なこのようなアイデアで、採算度外視でこのような運営をしていて、それが見事に若い層の人の心をつかんで超人気なのだと思う。

高級素材なだけに、限定数の提供であり、すぐに売り切れになるメニューも多々ある。そのためにもだいぶ前から並ぶ必要がある訳だが、ルールはこんな感じ。まず4時開店とともに17名くらいが第1陣としてまとめて店内に案内される。そして2時間の時間制なのだ。なので、5時半から6時くらいにみんな外に出てくる。そうしたら次の行列の17人の第2陣が中に入っていく、という感じだ。大体第3陣くらいでメニュー全売り切れという感じだろうか。

私は第2陣の先頭だったので、比較的メニューは大丈夫であったが、それでも売り切れメニューはかなりあった。第1陣で安全になるには1時頃には並んでないといけない、という算段になる。

私が店内に入れたのは、結局5時半。この寒空の中、3時間半も待たされた。そしてTVで観たときの記憶もあるのでおそるおそる確認したらやっぱり立食形式だった。(^^;;)

これはどっと疲れてしまった......

店内はこんな感じ。

客入れ替え時期の空いているとき。
Pt4RFIiCvEQLIap1394323249[1].jpg


ふつうは、こんなに混んでいる。
店内はかなり狭い。
EDQkqspEJgBer3E1394323282[1].jpg


ZmdoWadE4YVNgPA1394323325[1].jpg


BHnO_yX4OfBT7iE1394323415[1].jpg



私はカウンター席に通された。

ワンドリンク制を取っているので、かならずドリンクを頼まないといけない。 ソフトドリンクが見つからなかったので、飲めないけどグラスワインをオーダーした。

メニューはこんな感じ。
小洒落た品々が掲載されている。写真が掲載されていないので、文字だけでメニューを想像しないといけない。オーダーするときに店員さんによく聴いたほうが良い。
UMyT8Vb88dP9qGi1394323462[1].jpg

私ははじめから食べたい1品があって(TVで記憶していた訳だが)、ロッシーニをぜひ食べたいと思っていた。牛フィレ肉の上にフォアグラが乗っていて、全体にトリュフのソースがかけられている作品だ。

店員さんも説明の時に言っていたが、このロッシーニは当店1番の日記メニューなので、他のメニューよりも多めに在庫をストックしているのだが、それでも第2陣で完売するようだ。

メニューは大きくスペシャリテ、メインディッシュ、冷前菜、温前菜とに分けられる。

スペシャリテというのが、このお店の最高のランクのスペシャルオーダーで、超人気メニューだ。ロッシーニもここに入っている。でもそれでも1品高くて、1200円くらいだ。高級素材を使っているには超破格値だろう。

私は、牛フィレ肉とフォアグラの「ロッシーニ」トリュフソース(¥1280)と甘エビのタルタル キャビアをのせて。(¥680) そしてフォアグラ大根 オマール添え トリュフ風味(¥1100)の3品、そしてパン(¥300)をオーダーした。

まず甘エビのタルタル キャビアをのせて(¥680)。
onUVITPDWpTXUos1394323508[1].jpg


まさに美食、芸術という感じ。 てっぺんに乗っているのがキャビア。 まずキャビアからいただく。なんかコリコリしているが味覚はしょっぱい感じの風味だ。ふ~ん、キャビアってこんな感じかぁ、というような感じでさほど感動しなかった。

その下に甘エビがあるのだが、食べてみて、まあまずくはないが、そんなにさほど感動するものでもない、という感じでまぁいわゆる冷前菜であって見た目を楽しむ料理かなぁ、とも思った。でもこの日はこのメニューが大人気であった。

つぎにフォアグラ大根 オマール添え トリュフ風味(¥1100)。
4ReAsz6FVemmI2n1394323544[1].jpg


これはかなりうまかった!大根の上に乗っているのがフォアグラ。全体の汁がトリュフ風味のだし汁だ。まずフォアグラをいただく。ものすごい柔らかい。フォアグラはいわゆる肝臓な訳で、食感もいかにも肝臓の味覚であった。焼き鳥屋で食べるレバーをトロトロに柔らかくしたような感じ。まぁ確かにオイシイが、ふ~ん、フォアグラってこんな感じかぁという印象だった。トリュフのだし汁が異常に香ばしくて美味!大根含めてトータルのパフォーマンスとしてはとても美味しい1品だった。


そしてメインディッシュの牛フィレ肉とフォアグラの「ロッシーニ」トリュフソース(¥1280)。
ZAYKS_t_UM4fMKb1394323578[1].jpg


これは最高でしたね!まずびっくりなのだが、全体にかかっているトリュフのソース。これはホントに最高!こんな美味しい風味のタレはいままで食べたことがないホントに絶品でした!味をどのように表現していいのか困るのだが、とにかく香ばしい!このような風味のタレはいままで経験したことがない!これに絡めて食べるフォアグラや牛フィレ肉が最高に生きるのである。

この作品は本当に美味しかったです。特にトリュフのソースがこんなに美味しいものとは!皿に残ったトリュフソースを、パンで拭って食べるのもまた最高にオイシイ。


この品だけで、このお店に来ただけのことはある!という感じです。各々の単品での値段も破格値だが、トータルでも5000円くらい。確かにこれだけの料理では採算度外視の運営とも言える。

こうしてみると確かに美味しい品々ではあるけれど、これを食べるまでの待ち時間というのが半端ではなくて、この日も寒い外で3時間半、そして中に入ったら立食(笑)。

みなさんは耐えられますか?

そこまでして食べるべきか、というと???という感じを抱いたのでした。すぐに食べれるのだったら、このクオリティなら何回も通うけれど、これだけハードルが高いとかなり厳しい。

この日帰宅して、さすがに風邪は引かなかったけれど、もうすごいグロッキーダウン。爆睡してバタンキューでした。 私は、今回無事経験出来たので、もういいかな、という感じ。

でもあのトリュフソースはもう1度経験したいかなぁとも思います。

そして店から出て帰路につこうと思って店を見たら、まだ気の遠くなるような行列ができているのでした。

VTE19wQo3fJIvO61394323609[1].jpg


俺のフレンチ GINZA店
http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13140809/



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

こっこ

行ってみたいなあとは思っていたけと、本当にすごい行列ですね〜。読ませていただいて、ごちそうさまーという気分になりましたよー^_^
by こっこ (2014-03-09 17:44) 

ノンノン

こっこさん

今回行った銀座店が1番人気でこんなに人混みなだけで、他の店はそうでもないみたいよ。ボクはフォアグラ・トリュフ・キャビアを食べてみたかったので、安価なここにしてみました。やっぱりトリュフのタレが最高にウマイ!記念になりました。
by ノンノン (2014-03-09 21:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0