So-net無料ブログ作成
検索選択

ゴールデンウィーク早々、ドイツ料理を堪能しました! [グルメ]

ゴールデンウィークがいよいよ始まりましたが、そんななかなぜか無性にドイツ料理が食べたくなって、渋谷のドイツ料理店に赴いた。

1番の目的はシュパーゲル(白アスパラ)。この食材を見ると、本当にヨーロッパの春の訪れを感じて、華やかな気持ちになる。

今年から会社で予算作成の仕事をするようになったので、年末の期初予算、そして6月の下期見直し予算ということで、今後4~6月にヨーロッパに行くことが難しくなりそうな感じだ。そうすると本場の現地で旬の季節にシュパーゲルを堪能する、ということもしばらくお預けかもしれない。

そんな思いもあって、せめて日本のドイツ料理店で食べてみたいなぁと思ったのである。

ヨーロッパ赴任中に経験してつくづく思ったのは、やっぱりヨーロッパで1番食事が美味しくて、美人が多いのは、フランスとイタリア!

間違いない!

街並みもオシャレだし、やっぱり観光にはもってこいの街だなぁ、とつくづく思う。自分はロンドンとベルギーに住んでいたことがあるのだが、ベルギーはまだしも、ロンドンは、やはり食事的にキツイものがあるなぁ、と感じる。

もちろん、街自体はとても素敵なのですよ!!!

でも、どうもイギリス人の食生活というか舌の味覚感覚は大ざっぱというかセンスがない、と思う。元々の食べ物の調理の仕方に味が付いていなくて、食べるときに、しこたまケチャップとかそんな外部調味料をたっぷりかけて食べるというそんな感じなのである。

正確に言うと、ロンドンから車で1時間のベージングストークという街に住んでいて、ここはイギリスのIT企業のオフィス街で、アメリカ・カルフォルニアのサンノゼみたいなところですね。

ここでなんと一軒家(家賃超安い!)に住んでいて、そこでの食生活をどうしていたか、というと、男やもめですので、たまに自炊もしてみるもののほとんど外食。じゃあ街のレストランで毎日イギリス料理を食べるかというと、そんな恐ろしいことはできず(笑)、ひたすら中華料理屋さんで中華を食べていたのでした。ほとんど毎日食べていたんではないかなぁ。

日本人の自分にとって、イギリス料理を毎日食べるより、中華料理のほうがずっと口に合うし、美味しいと思う訳です。

決まった中華料理屋さんに、毎日通って中華ばっかり食べていました。

ヨーロッパの色々な国に出張で行くたびに思うのは、どこの国に行っても、必ず中華料理屋ってあるんです。そのとき、いやぁ中華って偉大なんだなぁ、とつくづく思った訳です。

当時は、日本料理店はロンドンまで出ないとなくて、ロンドンを車で徘徊中にお気に入りのお店を見つけて、そこに休日のたびに通ったものです。なんか、お寿司あり、天ぷらあり、すき焼きありなどのオールマイティな感じでした。

他にロンドンには日本の食材を売っているスーパーマーケットもあって、特に名前は忘れてしまいましたが、超有名なスゴイ大きい日本食材専門のスーパーマーケットがあり、そこでいつも休日に日本食材を買い込んでいました。

まぁ、基本は自分は和食党ですので、海外暮らしになったら、必ず日本食材のお店を探しますからね。(笑)

ベルギーは、オランダとフランスに挟まれた国で、オランダ語とドイツ語とフランス語がチャンポンでしたね。なんかフレミッシュとか、いろいろありましたね、よく覚えていないなぁ。ブリュッセルのレストランは、大半はフランス語のメニューだった記憶があります。 このブリュッセルには、現在もお住まいだと思いますが、堀米ゆず子さんがお住まいになっていて、自分が住んでいた時に同じ街に住んでいるとは、本当に不思議な感じです。その十数年後に小林悟朗さんの大親友として堀米さんの存在を意識するようになるのですから。運命の糸という感じですね。

ここでも案の定、日本料理店を探して、ラーメン屋の大和とか、お寿司屋さんの”サンタツ”とか入り浸りました。いまでもあるのかしら~???

最高に美味しいと思うのは、フレンチとイタリアンかもしれないけれど、自分はじつはドイツ料理がスゴク好き。ドイツ料理ってもうパターンというか、もうあういう感じなんです。観た通り。(笑)ボリュームいっぱい。ビールとソーセージ中心だけど、ZUPPE(スープ)も大好きで、あのシンプルさ、が結構自分のツボだったりします。

シュパーゲルを食べたい、ということから今回、久しぶりにドイツ料理を食べに来たのでした。

お店は、渋谷の井の頭通りにある東急ハンズのほうに歩いていくと、右側にある「ちとせ会館」というビルの4Fにある「ツムビアホフ渋谷」。

食べログなどで観た分には、結構お高い値段なのだが、結構本格的でボリュームのあるドイツ料理を食べさせてくれそうなので、選んでみた。

DSC03058.JPG


店内は、結構庶民的で、お高くとまっていない、いい感じ。なんかドイツっぽい。
客層は、スゴイ若い。みんなキャピキャピしていました。

DSC03061.JPG


DSC03060.JPG


DSC03069.JPG


さっそく、GW早々、ミュンヘンビールをかっ食らっています。(^^)v

DSC03062.JPG


やっぱりヨーロッパの春の訪れは、これだよねぇ。シュパーゲル。これを食べたくて来たのでした。\(^o^)/ でもやっぱり本場のほうが太くてみずみずしいと感じたでしょうか。

DSC03066.JPG


スゴイ!これは喰えない。(^^; でも美味しそう。ドイツ万歳!です。(^o^)v

DSC03068.JPG


ちょっと食べ過ぎでしょうか?(^^; アイスバインがやってきました!自分はどうもこのアイスバインが苦手。久しぶりに食べてみましたが、やはり苦手......特に皮の食感が気持ち悪くてダメですね。(>_<)

DSC03070.JPG


やっぱりベルリンとこれば、カリーブルスト(カレーソーセージ)なんですよねぇ。自分は、このドイツ料理に必ずついているクネーデル(じゃがいも)が苦手。口の中でパサパサで食べきれない感じがするのです。

しかし、この早食いに、大食い、このままですと早死に一直線でしょうか……

DSC03072.JPG


そしてトドメはアップルパイケーキ。

DSC03074.JPG



みなさんから、「あのう、一応、為念でお聞きしたいのですが・・・ 一人で、この量を食べているわけではないですよね??????」 といっぱい突っ込みをいただきましたが、えぇ、1人ですが.....なにか??(^^;;

と言ったところです。(笑)

そして締めて、この値段。

25940505_2151733136_230large[1].jpg


やはり食いすぎの高杉でしたでしょうか?

なんかかねてよりのストレスを一気に食で発散したという感じです。

じつは、またいつかベルリンを再訪して、ベルリンフィルの日本人ヴィオラ奏者の清水直子さんが足繁く通うベルリン市内にあるラーメン屋さんを突き止めようという野心があったりするのです。(笑)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0