So-net無料ブログ作成

大かまど飯 寅福 青山本店 [グルメ]

昨日所沢、そして今日渋谷で、アラベラ様&N響のコンサート、本当に素晴らしくて感動であった。

ちょうどシルバーウィークの真っ最中ということもあって、今日はコンサートが終わった後の夕食は、自分がふだん贔屓にしているお気に入りの「ごはん」がとても美味しい和食のお店に行くことに決めていた。

もう何回も書いてきているので、今更なのですが(笑)、私は普段の食生活は和食党。フレンチやイタリアンなどの西欧料理は、あくまでイベントとして楽しむものと割り切っています。つまりレストランの雰囲気を楽しんだり、食だけじゃなくて、お洒落なスポットとして、そしてあくまで時々(笑)楽しむものだと思っている訳です。 1番そのチャンスがあるのは、やはり年1回の海外旅行の時でしょうか.....

だから、普段の毎日の食事としての位置づけじゃない。朝はパンよりご飯のほうがいいし、普段の日常の3食は和食がいい、と思う人なのです。でももちろん食べること自体が好きなので、タイ料理などのアジア系も好きですし、結構なんでも雑食系かもしれません。

その中で、「ごはん」にこだわりがあって、大きなかまどで炊く本格的な専門店が表参道にあるのです。

寅福 青山本店。
 
銀座線の表参道のB2出口を出ると、まっすぐ歩いていくと、右側のビルの地下にあります。

入口

DSC03443.JPG

DSC03444.JPG


お米にこだわっているお店だけあって、入口の前はこんなものが......

DSC03457.JPG

ご飯を釜で炊くことにこだわっていて、新潟県長岡産の米使用。
契約店より届く毎日精米仕立の寅福オリジナル米だそうです。

今日は素晴らしいコンサートの後で気持ちが最高に高ぶっていていいので、久し振りに寄ってみたくなったわけです。

店内はこんな感じ。
なんか和風ダイニングという感じ。普通の和食屋さんというよりは、もちろん高級感がある。

DSC03447.JPG

そして厨房。ここに大かまどで炊いているところがあります。

DSC03448.JPG

この大かまどで炊く、その炊き方も相当こだわりがあって、このお店のHPによると、150kgの大竃で三升炊きの火力で二升の米をゆっくり炊く。これがお米をつぶさずふっくら炊くコツだそうです。そして飯炊は煮・蒸・焼の三段階でやる。

(こんなノウハウを公開しちゃっていいのでしょうか?(笑))

さっそくメニューを見て、なにを頼もうか思案します。

はじめてこのお店に来た時に、このメニューを見て、びっくりしたのは、メニュー1品1品の値段がすごく高いことなのです。

いわゆる学生のノリの「安くてガッツリ食べれる」定食屋ではないのです。

あくまで高級和食店で、「日本食を芸術品として楽しむ」という類で、でも料亭でもなくて、ごはんにこだわる、そんな感じでしょうか.....

なので、1品の量もスゴイ少ないですし、見た目が美しいように工夫されているんですね。

毎日の3食として食べに来るのではなくて、たまに高級な和食を食べに行きたい、と思ったときによいお店ではないか、と思います。女性向けかもしれませんね。

さて、頼んだのは、

大かまどご飯セット(ご飯、味噌汁、お新香、小鉢2品) ¥680 (ご飯はおかわりし放題です。)
銀ダラの西京焼き   ¥980
秋茄子の赤味噌がけ ¥580
ほたる鳥賊の沖漬け ¥460

最近歳のせいか、和食を食べるときは肉よりも魚のほうがいい、と思うようになりました。(^^;;

〆て ¥2700

高いでしょう?

なんか1品の値段だけで、ふつうの定食屋で1定食頼める値段です。

出てきたのがこんな感じ。

美しい!

和の世界ですね。

DSC03456.JPG

1番の売りである「ごはん」ですが、ちょっと表面が固めの感じがしますね。
ほんのり甘い香りがついていて、これは確かに美味しいです。

上のおかずの1品1品もホントに口の中であっという間になくなってしまう感じなのですが、でも恐ろしく美味しい!!

先にも述べたように、お腹を満腹にガッツリいくんじゃなくて、かまどで炊いたご飯を堪能して美食を堪能する、という味わい方です。

でもメニューは、料亭の高級素材というのではなくて、地方産の名物を取り寄せた家庭の味の素材、という感じですね。メニューの内容も、かなり手が込んでいる、というか、各地方の特産や創作日本料理という感じのメニュー。だからお高くとまってなくて家庭的なんですね。

もちろんここには人気の日本酒を多数用意されています。常時20種あるとのこと。
お好きな3種をお選び頂ける利酒セットもあるようです。

t_006g[1].jpg

残念ながら、私は下戸ですので、縁がありませんが.......

日本酒にしろ、ワインにしろ、お酒が飲めないというのは、ずいぶん人生の楽しみ方を損しているといつも思いますが、体質ですので仕方ありませんね。


このお店、私もゴローさんから教えてもらったのですが、結構有名なお店のようです。

ぜひいかがですか?


「寅福 青山本店」
http://r.gnavi.co.jp/g150119/
 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0