So-net無料ブログ作成

BISの新譜:魅惑的な歌曲集 [ディスク・レビュー]

昨晩のエリーザベト・クールマンのリサイタルで、リストの歌曲を歌ってくれて、最近発売になったBISの新譜でリスト歌曲集を毎日のようにヘビーローテーションで聴いていることを書いた。それで、遅まきながらこの新譜のことを紹介しようと思った。

またリスト歌曲集以外にも魅惑的な歌曲集がもう1枚、BIS新譜として出ているので、これもまとめて紹介しようと思う。

まずカミラ・ティリングのオペラ・アリア集。 

572[1].jpg
 


オペラ・アリア集~モーツァルト、グルック 
カミラ・ティリング、フィリップ・フォン・シュタインエッカー&ムジカ・セクロルム


https://goo.gl/OU0qnf



カミラ・ティリングは北欧スウェーデンの実力派ソプラノ歌手で、BISレーベルからすでに3枚のアルバムをリリースしている。

サイモン・ラトルがザルツブルク音楽祭でマタイ受難曲をベルリン・フィルと演奏した時、ソプラノ・ソロに招かれて一躍有名になった。

2年前にアンネ=ゾフィー・フォン・オッターといっしょに来日してくれて、デュオで歌曲リサイタルを開いてくれた。もちろん馳せ参じた。素晴らしいコンサートであった。

オーディオで聴くティリングは、ソプラノでも極めて透明で軽い声、いわゆるエンジェル・ヴォイスである。

でもコンサートの実演で聴いた彼女の声質は、どちらかというと声量豊かなダイナミックな感じで、オーディオで聴いていたようなエンジェル・ヴォイスとは少し雰囲気が違う感じがした。オッターとのジョイントで聴くと、どうしてもティリングのほうが、声の表現に少し抑揚や表情がない感じで、1本調子のように感じてしまう。オッターのほうが深みがあるというか、表情が豊かで気品もある、という感想を当時書いていた。

それはキャリアからしてオッターのほうが一日の長があるはずだし、そういう相対的に見るのではなく、絶対的評価に見れば、やはり素晴らしい若手の有望株であることは間違いなく、彼女のアルバムを聴くたびにその将来性の大きさを感じ取れる歌手である。

自分は彼女のファンである。

過去の3枚のアルバムは、どれも秀逸だが、特に歌曲王シューベルトの歌曲集が素晴らしく感銘した。

そんな彼女の今回の新譜は、モーツァルト、グルックのオペラ・アリア集。

オーケストラはドイツの逸材シュタインエッカー率いる南チロルのピリオド・オーケストラ、ムジカ・セクロルム。このオケの情報は、まったく知らなかったのであるが、古楽器を利用する団体でもあるようだ。


モーツァルトらしい明るい調性のオペラ・アリアを中心に編成されていて、誰が聴いても親しみやすい旋律の宝庫、アルバム自体がとても明るいトーンでとても魅力的に仕上がっている。

オペラ・アリア集というコンセプト自体、とても親しみやすいし聴いていて気持ちがいい。
ティリングの声は相変わらず、透明感があって、軽い声質に聴こえる。ややキーが高いようにも思える。

聴いた感じ印象が、清廉で純白な清いイメージを抱く感じの瑞々しさがある。

録音は、まさにBISらしいのひとこと。マイクから程よい距離感がある感じに聴こえて、オケの音など古楽器独特の響きの漂いもあり、全体に軽くて薄味のサウンドに仕上がっている。でもソプラノの声質をメインに主張するには、塩梅のよい主従の関係なのだ、と思う。

お薦めです。



そしてつぎに、昨今自分が嵌りに嵌っているリスト歌曲集。 

137[1].jpg
 

リスト歌曲集 
ティモシー・ファロン、アミエル・ブシャケヴィッチ


https://goo.gl/qrKtz1


このディスクには嵌ってしまった!毎日ヘビーローテーションで聴いていて、頭の中に1日中そのメロディーがループしているのだ。

リストの歌曲ってなんと美しいのだろう!

そして、なによりもテノールのティモシー・ファロンのビロードのように甘くて語り掛けてくるように説得力のある声質!

発声に余裕があって、懐が深いという感じ。

これには完璧に参ってしまった。もうメロメロである。

人の涙腺を緩ませるような惚れ惚れとするような美しい旋律の歌曲の集まりで、そこに、この甘くて切ないファロンの声質と相まって、歌曲大好きの自分にとって最高のプレゼントとなった。

いままで歌曲と言えば、歌曲王のシューベルトをはじめ、シューマン、シュトラウスなどを好んで聴いてきたが、リストの歌曲は、あまり熱心な聴き手ではなかった、というかその存在をよく把握していなかった、というのが正直なところ。情報もあまり持ってない。

Eratoからディアナ・ダムラウがリスト歌曲集を出しているはずだが、持っていたような気がするのだが、死蔵状態になっているかも。

リストの歌曲がこんなに美しいと知って、いろいろ集めてみたい気がしてきた。

ティモシー・ファロンについては、鈴木雅明、リリング、オルソップなど、世界の名だたる指揮者と共演し活躍の幅を拡げていて、マレク・ヤノフスキもその実力を認めている、という情報くらいしかないのだが、これだけエレガントで明るい声の持ち主であれば、将来本当に楽しみなテノールであろう。

自分はどちらかというと、低音より高音歌手のほうが好きで、さらに男性テノールより女性ソプラノのほうが好きなのであるが、テノールで、これだけ自分の興味を引いたのは、あのフォークト以来かもしれない。

録音も意外やBISらしくない。遠くなく、しっかりと実在感のあるサウンドでいて、空間感も両立している素晴らしいサウンドに仕上がっている。

このリスト歌曲を昨日エリーザべト・クールマンのリサイタルで、女声としての表現を聴いて、これまた新しい魅力だなぁ、と感じたのである。