So-net無料ブログ作成
検索選択
クラシック演奏家 ブログトップ

ゴローさんの置き土産・・・仲道郁代さんがデビュー30周年記念Blu-ray発売! [クラシック演奏家]

ゴローさんがディレクションして、世に出すチャンスのないままに、眠っていた映像。これを仲道郁代さんが今年でデビュー30周年として、なんらかの形で世に出せないかと、所属レーベルのソニーのプロデューサー古澤氏と検討しつつ、ついにめでたくお披露目となった。 

201702161848440[1].jpg
 

「ショパン・ライヴ・アット・サントリーホール」
Chopin LIVE at Suntory Hall /Ikuyo Nakamichi
~サントリーホールに満ち溢れる最愛の作曲家ショパンへの美しいオマージュ~

http://www.sonymusic.co.jp/artist/IkuyoNakamichi/info/478594


https://goo.gl/8UjeN5 (Amazon)


仲道さんのライブの映像としては、じつに10年ぶりとなる。2010年のサントリーホールでのコンサート。ショパンの世界を、スタインウェイとプレイエルと、両方で描いている。

仲道さんは、今年デビュー30周年なのだが、サントリーホールも開館30周年で、そのサントリーでのライブをパッケージ化というのも、なにかしらの縁のように思える。

ゴローさんの遺作。もちろん5.0サラウンドだ。

仲道さん曰く、

「カメラワークの細やかさが素晴らしくて、悟朗さんに対する尊敬と感謝で胸がいっぱいになりました。この映像を世の中に出すことが出来るようになって嬉しいです。」

「悟朗さんのセンスと愛にあふれる映像です。こんな風に記録を残してくださったことに感謝の気持ちで胸がいっぱいになりました。ちなみに、悟朗さんは、NHKのショパンの足跡を辿る旅の番組をつくってくださった方でもあります。もっと長生きしてほしかったです。」



これは絶対買いだ。



ゴローさんが逝って、早4年経つ。


目まぐるしい音楽業界では、その存在を忘れかけられそうな感じなことも否めないが、嬉しいではないか!このように、ちゃんとゴローさんのことを忘れずに、メモリアルとして世に語り掛けてくれること自体が。

ゴローさんって確かにオーディオが趣味であるけれど、やっぱり「映像の人」というイメージがある。クラシックコンサートを撮影するカメラワークには一種の拘りがあった。

EuroArtsなどの欧州のBDソフトのカメラワークなど、演奏の旋律に合せて一瞬で、”ある特定のショット”にパンするのが、すごいあざとくて嫌なんだよね、と言っていた。

自分の美学というのを持っていた。

逆に自分のクラシック友人は、EuroArtsのBDソフトは、刺激的な演出。。。それに対して、NHKのBDソフトは優等生的な演出で退屈と言っていた。

やはり人が受ける印象はそれぞれなんだなぁ、と感じた。

ぜひ仲道さんの10年振りのコンサートライブを、ゴローさんのカメラワークで堪能したいところだ。

今回のソニーミュージックのBDソフトの紹介説明文で、とてもうれしい記述があったので、ここで紹介しておきます。これを読んで、自分はすごく嬉しく感じました。


映像監督は元NHKの名プロデューサーであった小林悟朗氏(2012年逝去)。NHK時代にさまざまな音楽番組の制作を手掛け、中でも小澤征爾から全幅の信頼を寄せられていました。ブルーレイディスクによるクラシック音楽ソフトとしてベストセラーとなった、2008年カラヤン生誕100年記念演奏会での小澤/ベルリン・フィルの「悲愴」も小林氏によるもので、演奏家の魂の躍動を映像化することが出来た稀有のプロデューサーでした。小林氏渾身の映像は、サントリーホールに満ち溢れる仲道の演奏の魅力を余すところなく描き出しています。

仲道郁代さんは、とてもピュアなお方で、聡明で、しかも自宅にGOTOシステムを持つオーディオファン!女性、しかも演奏家、一番オーディオをやらなさそうな人が、じつはコアなオーディオファイルなので、我々もビックリしたところだ。ゴローさんが、惚れこむのもわかるような気がする。

昔、ゴローさんがエム5さんに、「GOTOシステムで鳴らしてるピアニストが居る、しかもそれが女性なんだ。。。」と。そして黙って、ある一枚のBDをエム5邸サラウンドシステムに載せ150インチスクリーンで再生。そこにはスタジオで一心不乱に曲を奏でる仲道郁代さんの姿が。。。

視聴後、「どうだい?日本人でもここまで弾けるピアニストが居るんだよ!」って胸張って、仰ったそうだ。

言葉も無い位にグッときて、いまもエム5さんにとって、忘れられぬ、素晴らしい思い出の一つになっているそうだ。


リサさま降臨 [クラシック演奏家]

ユリア・フィッシャー、アラベラ・美歩・シュタインバッハー、そしてリサ・バティアシュヴィリ。

自分が深く入れ込んでいて、現在のヴァイオリン界を彩る新星たちのプロフィールには、指導者として決まって、その人の名があるアナ・チュマチェンコ女史。 


TKY201003130230[1].jpg
 

「音楽であろうが何であろうが、指導者には人間を形成する使命がある。」

それが彼女の教育理念。

「生徒は、演奏家としてではなく、まず人間として育てたい」。

感性豊かな時期に演奏漬けにならず、文学、絵画、演劇に心を揺り動かすことの大切さを実感している。 だからこそ、コンクールに対しては慎重にならずにいられない。

「勝つこと、優勝することは、芸術家の人生においては実に小さなこと」

この考え方は、アラベラさんのインタビューで確かに読んだことがある。
「若い頃は、演奏漬けの毎日でなく、人間らしい生活をすることを心掛けました。」と彼女は言っていた。恩師のアナ・チュマチェンコ女史の考えを純粋に、しっかりと受け継いできているんだな、と今思えば合点のいくところだ。

ご存知のように、いままで、ユリア・フィッシャー、アラベラ・美歩・シュタインバッハーと自分の日記でも、何回も何回も、とても深く取り上げてきたのだが、もう1人、とても大切な女性ヴァイオリニストを、きちんと日記にすべきと思った。


リサ・バティアシュヴィリ 


15267666_1259496217427527_3266120214686924470_n[1].jpg
 

(以下掲載させていただく写真は、FBの公式ページからお借りしています。)

ゴローさんとも所縁の深いヴァイオリニストで、自分にも想い出がたくさんある。

ある意味、ユリアやアラベラさんと比較しても、クラシック界で待遇されているステータス、格からして、3人の中でもダントツに格上だと思う。

そんな彼女を取り上げずにいるのは問題だし、ちょうどつい最近、新譜のCDとBlu-layが発売されたばかり。とてもいい機会なので、彼女のことを調べて、この日記で紹介したいのと、自分の想い出や、自分の彼女に対する印象などを素直に書いてみたいと思った。



リサさんを知ったのは、2011年のゴローさんの日記からであった。

いつも女性ソリストばかり追っかけている(笑)自分と違って、硬派だったゴローさんにしては、珍しく鼻の下を伸ばした感じでリサさんにゾッコンという感じだった。

ちょうど弾丸来日中で、N響との定期公演で、自分もぜひ観てみたいと思い、当日券で馳せ参じた。

この日の公演は、バルトークの「青ひげ公の城」の演奏会形式がメインで、確かこの年は、小澤さんのサイトウキネン松本でも同演目が演じられて、それで注目されていたコンサートでもあった。その前半ということで、リサさんはブラームスのコンチェルトを演奏することになっていた。

「当日券で、NHKホールに見参!」と相変わらずのノリでつぶやいていたら(笑)、それを見たと思われるゴローさんから携帯にかかってきて、「ブレークのときにロビーで落ちあいましょう。」ということになった。

前半が終わって、落ちあって、「いやぁ素晴らしい!感動しました!」と、「ねっ?いいでしょ?」ってな感じで、2,3言交わしたら、ゴローさんの携帯に電話がかかってきて、その後に、「ゴメン、リサからお呼びがかかってしまった。今回彼女のお世話役しているんだよね。後半も楽しんで!」と言って嬉しそうに、楽屋に向かっていったのでした。(笑)

そしてコンサート終演後に、軽食&お茶しようということになって、NHKホールからの渋谷駅の帰路のカフェでお茶したのであった。

いろんな話をした中で、当然、リサさんの話題も多く、

「いやぁ彼女はいいよ!才色兼備で実力も確かで、これからの時代を担うヴァイオリニストになることは間違いないよ。」

「ベルリンフィルとも共演しているんだよ。2007年のヨーロッパコンサートでラトルといっしょにやっている。ぜひ観てみてごらん。」

「なぜ、ブラームスのコンチェルトを急遽の弾丸来日で、今回やったかというと、たぶん彼女、録音でブラームスをやるからだと思うんだよね。 よくやることなんだよ。自分が録音をする予定の曲があるときは、その曲を事前にツアーで何回も演奏することで、イメージを掴むということを。」


確かにその後、2013年に彼女のブラームスのコンチェルトの録音が出たことは確かであった。(笑)


残念だったのは、このときの公演は、メインの「青ひげ公の城」は絶賛されるも、前半のリサさんのブラームスはボロクソの凡演だった、という酷評が多かったことだ。N響の演奏がボロボロで、彼女が可哀想、所詮、「青ひげ公の城」の前座に過ぎない、という公演評が多かった。

TV収録したのは初日。自分が観たのは2日目だったが、そんなに悪いとは全く思わなかったし、逆に素晴らしいと思ったほどだ。あとで、TV放映を観て初日公演も観たが、確かに破たんのあるところもあったが、そんなに酷評するほどのことかな?と感じた。

ゴローさんは、この酷評に、「くやしくて、くやしてくて、仕方がないよ!」とボヤいていた。

リサさんがN響の定期公演に出演しているのは、2004/2006/2009/2011年の4回。自分が観たのは、この2011年の公演だった。

まだこの当時は、これからの世代を担うホープという印象で、これがリサさんとの出会いだった。 


15170883_1259495270760955_1231740057843913628_n[1].jpg
 


リサさんのキャリアを紹介しておこう。



グルジア出身(グルジアは現在ジョージアと改名)、アナ・チュマチェンコに師事。11歳の時に一家でドイツ・ミュンヘンに移住。1995年シベリウス国際コンクールに史上最年少の16歳で出場し、第2位。

2001年BBC が立ち上げた"New Generation Artists"の初代メンバーに選出、BBCプロムスでのデビューはBBC Music Magazineで"本年最も傑出した存在"と称賛。2003年にはシュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭でレナード・バーンスタイン賞を獲得、その後ボン国際ベートーヴェン音楽祭ではベートーヴェン・リング賞を獲得。(所属先のUniversal Music JapanさんのHPより。)

2001年にEMIよりCDデビュー。その後ソニー・クラシカルから2枚のCDをリリースし、2010年にはDG(ドイツ・グラモフォン)へ移籍。現在に至る。


現在、欧米のオーケストラから引く手あまたのリサさんは、2012~13年シーズンにはシュターツカペレ・ドレスデンとケルンWDR響の、2014~15年シーズンにはニューヨーク・フィルハーモニックのレジデンス・アーティストを務めている。(レジデンス・アーティスト:そのオーケストラのその年のソリストとしての”顔”的な称号。)

そして、今シーズン 2016~2017年には、ついにロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団のレジデンス・アーティストを務めることになったのだ!

15390672_1278857985491350_8642873260367379889_n[1].jpg



今年の動きだけでもスゴイのだ。いまが旬というか絶頂期とも思えるくらい。

ベルリンフィルとは、彼らの定期公演で演奏している。(あるいは演奏予定。2016-2017年のベルリンフィル定期公演のソリスト・カレンダーに掲載されていたので覚えていました。)

そして、今年2016年のベルリンフィルのヴァルトビューネ野外コンサート(ヤニク・ネゼ=セガン指揮)で、見事ソリストを務める。

14963114_1119374781449358_6297192338508099895_n[1].jpg


ウィーンフィル(エッシェンバッハ指揮)とは、ウィーン楽友協会で演奏をおこなっている。
意外や意外、ウィーンフィル&ウィーン楽友協会は初体験だったそうだ。

13254258_1103937852983365_3875291549235373929_n[1].jpg


そしてロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団(ダニエル・ガッティ指揮)とは、まさに今日からの12/14~15の2日間、アムステルダム・コンセルトヘボウで公演を行っている最中なのだ!まさに、この写真もホッカホッカだ!

15578490_1323637087677390_742795753118538260_n[1].jpg




まさに世界三大オーケストラと、彼らの本拠地で彼らをバックにソリストを務める!
これこそいま演奏家人生で最高潮のバイオリズムにいるときなのかもしれない。


まさにそんな絶頂期にいる彼女の新譜がDGから出た。 


146[1].jpg
 

チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲、シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 
リサ・バティアシュヴィリ、ダニエル・バレンボイム&シュターツカペレ・ベルリン


https://goo.gl/pHUQ7P


DGから通算4作目は、巨匠バレンボイムとその手兵シュターツカペレ・ベルリンとのコンチェルトで、チャイコフスキーとシベリウスという、もうこれは贅沢に贅沢を尽くした作品となった。

乗りに乗っているいまの彼女にふさわしい作品。

DGなので、Emile Berliner Studiosの録音かな?と思い、クレジットを確認してみたのだが、どうもそうでないようだ。(不明?)録音場所は、ベルリンでは、No.1と言ってもいいくらいの超有名録音スタジオであるTeldex Studio Berlin。

数々の名録音がこのスタジオから生まれた。

Teldex Stduio Berlin

10888687_1597958877094324_1535666069793920442_n[1].jpg


そのときの録音セッションの様子。おびただしい立脚マイクが生々しい。

Teldex Stuio Berlin & Lisa Barenboim.jpg



最初、封を開けて聴いた第一印象は、どうも自分のオーディオの2chシステムと相性が合わないというか、ピンとこなかった。

コンサートホールでのセッション録音と違って、キャパの狭いスタジオでの録音だとどうしても響きの少ないデッドな感じがして空間感も少ない感じがし、自分の好みの録音ではないような気がしたのだ。

でも休暇を取って、大音量で聴いてみると、ずいぶん印象が違った。幾分デッドな印象は、やはり拭えないが、でも骨太でがっちりした音の造りはさすがDGだと思ったし、響きもかなり改善して感じられた。やはり夜分での小音量では、真の録音の評価はできませんね。

後半のシベリウスのほうが、響きが豊富に感じました。編集&エンジニアの違いによるものでしょうか?

リサさんの演奏力は、やはり大したもの。王道たる演奏で、特にシベリウスは鳥肌がたつくらい狂気迫ったものがある。チャイコフスキーは、あまりに耳タコ名曲で、数多の演奏家が取り上げてきている曲なので、リサさんとしては、当初はあまり積極的でなかったのを改心して取り組んだようなことが読んだが、とても個性の強い前へ出るチャイコフスキーだったように思う。


さて、もうひとつの新譜が、今年のベルリンフィル・ヴァルトビューネ野外コンサート2016のBlu-ray。 


895[1].jpg
 

『ヴァルトビューネ2016~チェコ・ナイト~スメタナ、ドヴォルザーク』 
ヤニク・ネゼ=セガン&ベルリン・フィル、リサ・バティアシュヴィリ


https://goo.gl/FPfh8Q


今年のテーマは、「チェコの夕べ」ということで、スメタナやドヴォルザークなどのチェコに所縁のある作曲家を取り上げる、ある意味とても濃厚なスラヴの香り漂うコンサートとなった模様。

この野外コンサートも一度でいいから体験したいと思っていたりする。PAらしくない本場のベルリンフィルハーモニーで聴いているようなリアルなサウンドだったとゴローさんが言っていた。

ここで、リサさんは、ドヴォルザークのヴァイオリン協奏曲を披露。

久し振りに観る演奏姿。やはり立居姿が美しい。絵になるヴァイオリニストですね。

やはり体格が大きいということと、全体から発するオーラというのがあって、こういうベルリンフィルとかウィーンフィルのような世界三大オーケストラをバックにしても堂々と渡り合える、決してオーラ負けしない、そういう自然な”風格”というのが備わっていると思うんですよね。

彼女の演奏スタイルの特徴は、とても自然流というか、変なクセがないとても美しいフォームだと思います。

ユリアは、小柄ながらとても男性的でパワフルな演奏スタイルで、それがきちんとサウンドになって現れていた。

アラベラさんは、ヴィジュアル・クラシックの典型で、本人も聴衆から観られていることを意識しているフォトジニックな演奏スタイルで、サウンドはとても女性的。(ソリストのお部屋には、等身大の鏡が必ずあって、そこに自分が弾いている姿を観て、常日頃全体のフォームをチェックしていると聞いたことがあります。アラベラさんのDVDを観ると、彼女の部屋にそういう鏡がありました。(笑))

リサさんの演奏スタイルは、あざとさがなくて、とても自然流のレガートな美しさがある。
技巧も高いレヴェルにあって、感性の鋭さも相まって、いまが旬というのが納得のいく映像だと思いました。


今日は、リサさん特集。持っている映像素材をすべてチェック。

前述の自分が観に行ったN響定期公演の録画BDも鑑賞してみた。

DSC00833.JPG



自分が行ったのは2日目だったので、白いドレスだった記憶があるのだが、録画は初日だったので、紫色のドレスであった。

2011年12月9日:NHKホールとある。いまから5年前かぁ?月日が経つのは早い。
当時は酷評された公演だったが、今観ても、破綻している部分はあるけれど、そんなに酷評するほど?と、思えたのは変わらなかった。風貌や全体が今と比べて、やっぱり若いなぁという感じなフレッシュさがあって、微笑ましい感じがした。

この日の公演は、リサさんのブラームスを生で聴けるだけでも嬉しかったのだが、さらにさらに 第1楽章でクライスラーのカデンツァを演奏したことが希少価値に値する出来事であった。ブラームスのヴァイオリン協奏曲の場合は、作曲にあたってアドバイスし、初演もした名ヴァイオリニスト、ヨーゼフ・ヨアヒムのカデンツァが演奏されるのがほとんどで クライスラーの美しいカデンツァは、中々生で耳にすることがない。もうこれだけでも大満足!

ところでディスクではどうだっただろうか?と思いをめぐらすと、クライスラー本人の古い演奏の他には、クレーメル カラヤン指揮ベルリン・フィルの70年代アナログ録音ぐらいしか思いつかない。

このことはゴローさんから教えてもらったことなのだが、この貴重なクライスラーのカデンツァを生演奏で聴けただけでなく、きちんと録音として残せたのも本当に幸運であった。



ついでに、そのときにゴローさんから推薦されたリサさんが出演しているベルリンフィルのヨーロッパコンサート2007のDVD。

DSC00831.JPG




ふつうの中古市場では滅多にお目にかからないレアなDVDで、アマゾンの中古市場マーケットプレイスでもあることにはあるけれど、売価3万円とかすごいプレミアがついている貴重なDVDだ。

自分もそれくらいの値段で、思い切って入手した記憶がある。

こちらはもっと若い。(笑)
ブラームスのヴァイオリン&チェロの協奏曲だったのだが、今こうしてみると、演奏スタイルは今と変わらない一貫したものがあるんだなと感じた。(というかこれは無意識の産物で、意識して変えるというのは、なかなかできないこと。)





まさに今日は、”共演オファー殺到”の真っただ中にいるリサ・バティアシュヴィリを追ってみた。


そんな彼女だが、ロシアの軍事介入に揺れるウクライナ問題について、音楽家として静かな態度表明を行ったこともあった。

リサさんは、フィンランドのヘルシンキで行われた平和コンサートに出演し、ジョージアの作曲家イゴール・ロボダの「ウクライナのためのレクイエム2014」を演奏した。

そして、「民主主義と自由と子供たちのためのより良き未来を得るために闘っている民族と国家を蹂躙し辱める行いは正しくありません」と穏やかながら強い表現で聴衆に語りかけた。

「音楽は侵略的なものとは一切相容れない、最も平和な言語です。しかし同時にそれは私たち音楽家に、私たちなりの意見を、知性でなく感情に発する意見を表明する自由を与えてくれるものでもあります。」

祖国ジョージア(グルジア)の辿ってきた運命と相重なるところによる連鎖反応があるのも原因だったようだが、芯の強い、筋が通らないことにきちんと反対の意を唱えられるだけの心の強さ、実行力もあるのだ。


新譜も発表したことであるし、それに関連する世界ツアーもあるのでは、と思う。

ぜひ日本に呼んでほしい!!!

この最高に旬なときにいるリサさんを、もう一度生で観てみたい!

もう責任をもって盛り上げます。(笑)

そうすることが、ユリア・フィッシャー、そしてアラベラ・美歩・シュタインバッハーと、アナ・チュマチェンコ門下生を盛り上げてきた自分の最大の責務で運命だと思うからです。

また天国のゴローさんへの恩返しにもなるかな?



 


ヨハネス・モーザー [クラシック演奏家]

PENTATONEと専属契約を結んで第2弾の新譜がでた。それに絡んでということだと思うが、先週、来日を果たし、トッパンホールでチェロ・リサイタルを、そしてミューザ川崎では、東京交響楽団とチェロ協奏曲でコンチェルトも披露してくれた。

ヨハネス・モーザーは、PENTATONEと契約を結んだ2015年11月頃に知ったアーティストだったので、ぜひ、実演に接してみたいとずっと想いを馳せていて、念願かない、両公演とも参加してきた、という訳。

第1弾のドヴォルザーク・アルバムのときにディスクレビュー日記を書いたが、もう一度簡単に紹介しておくことにしよう。

10978513_360650640788955_2161312308093209592_n[1].jpg


ヨハネス・モーザーは、ドイツ系カナダ人のチェリストで、1979年生まれの現在37歳。2002年チャイコフスキー・コンクールで最高位を受賞。

使用楽器は、1694年製のアンドレーア・グァルネリ。

モーザーは、いままでベルリン・フィル、シカゴ響、ニューヨーク・フィル、クリーヴランド管、ロサンゼルス・フィル、ロンドン響、ロイヤル・コンセルトヘボウ管などなど、もう書ききれないほどの世界のオーケストラ&高名な指揮者と競演してきており、英グラモフォン誌からもその絶賛を浴びている。

室内楽奏者としても熱心に活動しており、五嶋みどり、ベル、アックス、カバコス、プレスラーなどとしばしば共演、ヴェルビエ音楽祭、シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭など多くの国際音楽祭にも登場している。

モーザーはあまり知られていないレパートリーを取り上げ優れた演奏をするアーティストとしても非常に評価が高いようだ。

とにかく、写真を見ていただければ、お分かりのように、”ナイスガイ”という言葉がぴったりくるような底抜けに明るい青年。

そしてなによりも若い。まだ37歳にして、これだけのキャリアを積んできているのだから、本当に将来楽しみな大器であることは間違いない。

第1弾のドヴォルザーク・アルバムで彼のサウンドを聴いたとき、その外見からくる爽快なイメージよりも、もっと実は硬派で本格派&実力派の骨のあるチェリストの印象を自分は感じ取り、今後の”新しい録音”の時代の担い手という期待を寄せていた。

そんな彼をオーディオだけでなく、生で演奏する姿を一目観てみたいという夢を実現できた。

その前に、第2弾の新譜の紹介からしよう。 


784[1].jpg
 

ラフマニノフ:チェロ・ソナタ、ヴォカリーズ、プロコフィエフ:チェロ・ソナタ、スクリャービン:ロマンス、他 
ヨハネス・モーザー、アンドレイ・コロベイニコフ

https://goo.gl/gNpZWd


第2弾はロシアン・アルバム。プロコフィエフ、ラフマニノフ、そしてスクリャービンのチェロ・ソナタをはじめとする作品が取り上げられている。

前作の第1弾がコンチェルトだったのに対し、今回は室内楽作品としてのアプローチで、実際の演奏活動でも、見事な両刀使いでもあることから、彼の演奏力、レパートリーの広さが伺えると思う。

何回も聴き込んでいるのだが、情感豊か、鮮やかではあるけれど、ちょっと渋めの色彩感というか、色に例えるならグレーで深い音色、という感じがして、表面はロマンティズムで溢れているものの、その背後にはロシアの厳冬のイメージが湧いてくるような、そんな雰囲気のアルバムに仕上がっていると思う。

あのロストロポーヴィチも協力したと言われるプロコフィエフのチェロ・ソナタと、哀愁漂うラフマニノフのヴォーカリーズは、トッパンホールのリサイタルでも披露してくれた。

録音は、もうお馴染みポリヒムニアの御用達でもあるオランダ放送音楽センターMCO5スタジオで収録。

下の写真はポリヒムニアのFB公式ページから、そのときのセッションの様子。

12963461_878026048975443_6140563850276830385_n[1].jpg




ポリヒムニア側の録音プロデューサー&バランス・エンジニア&そして編集と、すべてエルド・グロード氏が担った。PENTATONE側のプロデューサーは、もちろんジョブ・マルセ氏。

もう王道のコンビであるし、録音の完成度の高さは言うまでもない。
明記はされていないけれど、Auro-3Dで録っているのではないだろうか?

空間は広く録れているし、チェロの低弦の解像度も高く録れていて、朗々と鳴る感じのボリューム&音量感も気持ちいい。ピアノの音色の質感は、これは伝統的なPENTATONEのピアノの音色。
(その点、児玉姉妹のピアノ音色は、ちょっと異次元でした。)

そしてチェロとピアノのバランス配分や、リスポジ・聴き手から感じる遠近感も違和感がなくて、さすがエルド・グロード氏の仕事だと思った。

かなりヘビロテで聴いています。

じつは、PENTATONEからの第3弾もすでに決まっているのだ。スイス・ロマンドとのコンチェルトを収録済みで、来年の3月にはマーケットにリリースされる予定である。あのスイス・ジュネーヴのヴィクトリアホールでのセッション録音で、すでに収録完了していて、ただいま編集中といったところだろうか。これは本当に楽しみである。


そんなヨハネス・モーザーを生で聴ける!

まずは、トッパンホールで、チェロ・ソナタとしての室内楽。

DSC00815.JPG


DSC00817.JPG





ピアノのパートナーは、2012年の来日リサイタルのときと同じ高橋礼恵さん。

はじめて彼の実演に接した訳だが、その印象を、ずばり結論から言うと、”はちきれんばかりの体育会系ソリスト”という感じだろうか。(笑)

とにかく自分がイメージしていたそのまんま。(笑)

とにかくボウイング、弓使い、その演奏動作すべてにおいて、スピード感、切れ味が鋭くて、俊敏の極みのような演奏家で、スポーティーなスタイルにぴったり合致していた。

最初のヒンデミットやバッハの無伴奏のときは、楽曲のせいもあるのか、思ったほど冴えない感じだったのだが、3曲目のデュティユーから空気がガラっと一変した。剃刀のような鋭い跳ね弓や、弾けるようなピッチカートで、あまりに切れ味鋭いので、聴いていて(観ていて)かなり小気味いい感じだった。

後半のプロコフィエフのチェロ・ソナタや、ラフマニノフのヴォーカリーズなどになると、一転して、いわゆる聴かせるメローな感じで情感たっぷりに弾くのも、かなりサマになっていて、かなり演奏表現の幅が広い、と感じた。

高い技巧のチェリストだと思う。

揚げ足をとるようで、申し訳ないが、敢えて言えば、舞台袖に下がるときに、なにせ、エネルギー持て余している若者のせいか、セカセカ退場していくのが笑えるところだろうか。(笑)もっと余裕を持てばいいのに、と思うのだが、でもこのほうが若者らしくていいっか?(笑)

ヨハネス・モーザーというチェリストは、屈託のない明るい青年のイメージと、ぴったり合うようなスポーツスタイルの超絶技巧の演奏家である、というのが自分のイメージだった。


そしてミューザ川崎で、東響とコンチェルト。

DSC00827.JPG



1曲目は、ワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」の前奏曲を団員達と一緒に弾き、そのまま止まらずに続けて、デュティユーのチェロ協奏曲を演奏する、という指揮者ノットの粋な計らい。

じつは、この日体調コンディションが悪く、前半は意識朦朧として聴いていたので、ヨハネス・モーザーの演奏をしっかり聴けていなかった。本当に申し訳ない。でもところどころの記憶では、リサイタルのときのイメージと全く変わらない。素晴らしい演奏だったと思う。

ヨハネス・モーザーのFBページからお借りしました。
(ルーツは東響さんの投稿だと思います。失礼します。ゴメンナサイ)

この公演の時のリハーサルの様子。

15319182_606166126237404_2683330820297703943_n[1].jpg

そして終演後、東響のチェロセクションと記念自撮りの撮影中(笑)

15391208_607782992742384_6073719667791358903_n[1].jpg





とにかく若くて明るいイメージそのもののナイスガイで、スポーティーな超絶技巧のテクニシャン。

新しい録音、新しい演奏、といったこれからの世代を担う若い演奏家として、とても有望株で、自分が肩入れしても許せる”男性の(笑)”演奏家に出会えた、という印象だ。






ヨハネス・モーザー&高橋礼恵 チェロ・リサイタル
2016/11/29 19:00~ トッパンホール

前半

ヒンデミット:無伴奏チェロ・ソナタ Op.25-3
J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲第4番 変ホ長調 BWV1010
デユティユー:ザッハーの名による3つのストロフ

後半

プロコフィエフ:バレエ音楽<<シンデレラ>> Op.87より<アダージョ>Op.97bis
ラフマニノフ:ヴォカリーズOp.34-14
プロコフィエフ:チェロ・ソナタ ハ長調 Op.119

~アンコール

スクリャービン ロマンス
サン=サーンス <<動物の謝肉祭>>より<白鳥>
チャイコフスキー ノクターン 嬰ハ短調Op. 19-4




東京交響楽団 川崎定期演奏会 第58回
2016/12/4 14:00~

指揮:ジョナサン・ノット
独奏:ヨハネス・モーザー(チェロ)

コンサートマスター:水谷晃

前半

ワーグナー:楽劇「トリスタンとイゾルデ」第1幕への前奏曲
デュティーユ:チェロ協奏曲「遥かなる遠い国へ」

~アンコール
J.S.バッハ 無伴奏チェロ組曲 第4番からサラバンド


後半

シューマン:交響曲第2番 ハ長調 作品61





アンニュイな魅力のエレーヌ・グリモー [クラシック演奏家]

エレーヌ・グリモーというピアニストは、昔からCDをずっと聴いていて馴染みのあるピアニストではあった。

今年2月に久しぶりの新作を発表し、「ウォーター」というタイトルでDGから発売される。それに伴い、じつに5年振りの日本でのリサイタルも開いてくれるようで、楽しみ。

彼女の容貌や、その全体像から香りでるような、なんともいえないアンニュイなフンイキ......
(以下掲載する写真は、FBでの彼女の公式ページからお借りしております。)

10917430_10153521219453219_4624349636376581334_n[1].jpg

11062944_10153663791138219_6221329108247745343_n[1].jpg

彼女の生い立ち、そして彼女の人となり、人生観・価値観みたいなものが、いわゆる普通の可愛い女性とは少し違うというか、一線を画した、少し表現が悪いけれど、「ちょっと変わった女性」的な摩訶不思議なところに妙に惹かれるものがある。

そういう意味も含めて、彼女の生い立ち、人となりを本で読んでみたいと、ずっと捜していた。

去年、フィルハーモニー・ド・パリでのCDショップで購入したグリモーの本。

DSC04322.JPG

もちろんフランス語で書かれているので読めないので、記念として買った意味合いが多かった。

でも彼女のことをもっと知りたい.....そんなことから日本での書籍がないか調べた。

DSC04326.JPG

野生のしらべ
エレーヌ・グリモー
北代美代子 訳

http://goo.gl/hEtfDa


内容はグリモーが自分の人生を振り返るもので2003年に書き上げた自叙伝、それを北代美代子さんが和訳されてランダムハウス社から和書として発売されている。彼女の生い立ち、人生観が書かれていて、とても自分にはタイムリーな本に思えた。

これを読了して、彼女の人生を知ったとき、なぜあのような独特のフンイキがあるのかが、理解できたように思えた。偶然ではないのだ。やはり、それ相応の試練の人生を歩んできているからこそ醸し出されるオーラなのだ、ということがわかった。

だが、和訳本にありがちなのだが、1冊丸々読んでみたところ、正直大変読みづらく、わかりにくい。日本語の文章がスムーズでなくて頭に入ってこないのだ。何回も読み返さないと全体が掴めなかった。

彼女のことをもっと、もっと知ってほしい、という一念から、この本の所々の抜粋をして、自分のコメントを少々入れて、パブリックドメインにするにはギリギリいいかな、というレベルの自己判断の元、日記にしてみることにした。

目的は、全体の流れがわかりやすいように、彼女の人生がキャプチャーできるようにまとめること。
そして、この本に興味を持ってもらって一人でも多くの方に読んでもらいたいように誘うこと。

(読んでみて問題あるようでしたらコメント示唆ください。)

彼女のCDも昔から、いろいろ持っていたが、今回のこの日記を書く上でさらに買い増して、このような布陣で臨む。

DSC04328.JPG


グリモーは、フランスのエクス=アン=プロヴァンスの生まれ。

11313133_10153923198533219_6261567120930726015_o[1].jpg

小さいころから、言うことを聞かない、「ひとりの友達もつくらず」「人と違って」いた。左右対称性に異常にこだわる、という病気でもあって、自傷行為まで見せるようになって、心配した母親がその有り余るエネルギーをピアノに向かわせたところから、彼女とピアノとの出会いが始まる。

左右対称性の異常は、体の一部に傷がついた場合は、必ずその反対側にも傷をつけたいという欲望を感じるようになるし、自分の領土も同じように左右対称に整理されている必要があった。

勉強机の上では本の両側に同じ数の鉛筆がなければならず、本はノートの周りに同じ距離をとって並べなければならなかった。片方の靴ひもが反対側ときっちり同じになるまで結んでは、ほどきを繰り返したり.....

この対称性への強迫観念は自傷行為にまで到り、両親を悲しませ、音楽学校、ピアノに向かわせようとする。

もうこの頃からふつうではない、彼女独自の「人と違った」世界が広がっていた。

「人と違う」ことを生きることは、たとえばグリモーにとって小学校に通うこと自体、耐えがたい苦痛であって、それを救ったのが彼女が音楽的才能に恵まれていたということ。

ピアノを通じて、自己実現の手段、自分のありうる場所を見つけるようになれた、ということだった。

1982年13歳でパリ国立高等音楽院に入学して、その才能を開花させるものの、必ずしも順調ではなかったようだ。

入学試験はショパンのピアノソナタ第2番&第3番の第1楽章。この頃からグリモーは、ショパンに対して自然と通じ合うものを感じていたようだ。大いなるエレガンスと究極の洗練を持つ、そしてなによりも自分の感性に溶け込んでくる、と言っている。

そうして、もう一人尊敬している音楽家、ピアニストとして彼女が挙げているのがコルトー。その創意と音楽性、そしてある意味での完璧さの欠如。~ダンディの襟元でほどけたネクタイのように~とつねに称賛していた。コルトー版での指使いとペダルがきわめて錯誤的とも......

15歳になったときに録音、つまりCDを出すチャンスに恵まれる。彼女自身が望み選んだ作曲家がラフマニノフ。

グリモーは、もともとラフマニノフの音楽が、そしてそのピアノ協奏曲のなかではとりわけ一番身近に感じた「第二番」が好きだったようだ。たとえば、初めのフレーズですべてが語られてしまう「第三番」とは正反対に、「第二番」には冗長さという欠点がまったくない、と言い切っている。

自分は「第二番」より圧倒的に「第三番」派なので(笑)、そういう嗜好、考え方もあるんだな、と考えさせられた。自分は、第三番のあの初めのフレーズが全体を貫く共通主題になっていて、全体の統一感・様式美を決めている......そういう部分が特に好きなので、グリモーの考え方とは全く逆なのである。


ラフマニノフの音楽は当時の音楽語法に逆行していて、さまざまな分野で「革命」そのものが時代の流れであったとき、同時代のラヴェルやバルトークが組み込まれることになる動きが誕生していた、まさに、そういうご時世に、ラフマニノフは変わることなくロシア・ロマン主義に執着し、チャイコフスキーがその名を高らしめた音楽形式に忠実だった。

彼女は、このピアノ協奏曲「第二番」について、もう巷では有名なラフマニノフが交響曲第1番で大失敗してノイローゼになって、この曲で復活するまでの経緯を事細かく説明して、その感動をこの本で我々に伝えようとしていた。彼女のこの曲に対する情熱と言うのがひしひしと伝わってくる。

彼女の最初のCDはアムステルダムで録音された。

16歳以降になってから、ブラームスに傾倒。周囲からはイメージに似合わないと随分反対されたみたいだが、彼女のブラームス愛は相当のもので、どうしてもレパートリーとして加えたいと願うようになる。


ブラームスのどのような作品を聴いても、彼女にとって「知っている」という感覚を持つらしく、なにか自分のために書かれているように感じる....自分の感動の揺らぎに正確に対応しているという感覚.....そういう信じられないような親近感を持つらしい。

この本に書いてあるグリモーの「ブラームス讃」は、もう本当にとりとめもないくらい、何ページも費やして、そして限りなく熱く語れているのだ。

ブラームスのピアノ協奏曲第1番、第2番もすばらしい作品としてCDとして完成させている。こうしてみると彼女は、15歳にしてはじめてCD録音をしてからおよそ20作品ほどの録音を世に送ってきているのだが、自分の想いのたけの作品を着実に録音という形で世に送ってきているのだということが実感できる。(このあたりの作品の解析は、次回の日記で試みます。)

このように自分の存在感、自己表現として音楽、ピアノの道を歩むものの、「自分の音を見つけ出す」ために悩み、フランスの伝統的な音楽界が自分に課してくるステレオタイプのイメージに随分苦しめられたようで、このままここにいても、という閉塞感から、パリ音楽院を離脱して、アメリカ移住を決心する。

でもその前に、1980年代の終わりごろに、マネージャーとの出会いも含め、国外でリサイタルを開けるようになったころの話を書かないといけない。ドイツ、スイス、日本、ロンドンなどなど。グリモーは空港が持つあの独特の雰囲気が大好きのようだった。

これは私もそう。毎年、海外音楽鑑賞旅行に出かけるときの、出発するときの羽田や成田のあの雰囲気、とてつもなくワクワクして、これから始まるちょっとした冒険に心踊るような子供のような感覚....とりとめもなく大好きである。

グリモーは、この時期に人生を決定する大事な出会いをする。

マルタ・アルゲリッチ。

マルタは、その通り道ですべてを押しつぶして進む力であり、絶対的に君臨する生の躍動である。
内面のできごとを全的に感じ取る。風のような女性だ。

彼女とのパートナーでもあったギドン・クレーメルとも大きなパートナーになってもらい、彼女がパリを離れるときにマンションを貸してくれたりしている。

マルタは、まわりに集まる若い音楽家の群れを、考えられないような寛大さで養っていたという。(笑)

そういう中間の過渡期を経て、グリモーはアメリカでのコンサート・ツアーの話を持ちかけられる。
このときは彼女は英語はまだ話せなかったようだ。

このアメリカツアーのときに、もう自分は帰らない、という決心をする。

パリで扉に鍵をかけ、ジーンズを二本ばかりと洗面用具入れ、旅費の代わりに数冊の本をスーツケースに投げ込み、そうしたあと、すぐにフロリダ州の州都タラハシーの住民になっていた。

森林におおわれた平らな田園地帯にある恐ろしく退屈な町。

そこでグリモーが引っ越してきたことに町の人は気づき、自然の外でホームパーティを開いてくれた。

そのとき、「気をつけたほうがいい。あそこには男が住んでいる。ベトナムの帰還兵だ。頭がちょっとおかしい。危険なやつだと思われている。」と言われる。

そして数日後に深夜に眠れなくて譜読みとかするとますます目が冴える、そして深夜の闇の中に散歩に出かける。

その瞬間、グリモーは、初めてそれを見た。

犬の姿をしている。でも瞬間的に犬ではないとわかる。
闇の中でその動物は鋭い眼光で、グリモーを見た。彼女の全身に震えが走った。

その後方に男が立っていた。町の人に教えてもらっていた危険な男、ベトナムの帰還兵だった。

2人は立ち話をして、その男はおもむろに自己紹介をする。グリモーがクラシックの音楽家であることを告白すると、自分もクラシック音楽が大好きで、レコードをたくさん持っている。好きな時に聴きにこればいい。

グリモーは、この誘いをちょっと荒っぽいと思ったらしいが(笑)、その動物は?と聞き返す。

これは狼だ。これがグリモーの狼とのはじめての対面。

狼は、柔らかな足取りで、彼女に近づいてきて、左手の臭いを嗅ぐ。
すると狼は、自分のほうからグリモーの手のひらに頭を、そのあと、肩をこすりつけた。
その瞬間は彼女は全身に電流が走る、電光のような火花を感じる。

そうすると狼は、仰向けになって横たわると、グリモーにお腹を見せた。

男は、「こんなのははじめて見た。自分に対してもこんな姿を見せることは滅多にない。」

最初の初対面で、グリモーは狼との運命の結びつきを感じ取る。

狼の社会~群れ~は人間社会と奇妙に似ている。それは体育会系の民主主義で、他の個体からリーダーと認められたものは、力、速さ、狩りの腕前だけで支配するのでなく、大きな部分を心理的影響力に依存している、と言われている。

この男との出会いから、グリモーはこの狼と恋に落ちてしまった。
この狼と会いたいがために、何回も訪れて、何時間もいっしょに過ごした。
狼からの愛情の交換は強烈で豊かだった。

不意に襲い掛かってくることもある。

狼のほうから愛情表現をされ通じるものを、狼は彼女の中に見出したのだ、と思う。双方にとって運命の出会いですね。

狼といっしょに過ごすことで、お互いどんどん相通じるものを感じ合う。
それからというもののグリモーは、狼に会いたいがためにしょっちゅうその男の家を訪ねる。

愛情という点について、狼はグリモーの人生の中でもっとも重要な存在になる。

これをきっかけにグリモーは動物行動学の勉強を始める。
さまざまな講演に出席する。アメリカ国内を歩き回り、専門家が狼の生態と行動を研究している保護区を訪ねたりした。

音楽、ピアノの割く時間は当然減らすことになる。レパートリーの幅を広げず、同じ曲の追及。注意を室内楽に集中した。

グリモーは、狼の行動学、研究そして自然復帰とだけを目的とする財団と公園を創設したかった。
狼の群れを住まわせる土地を買うために、コンサート出演料のすべてを貯金した。

そこでまず目的を達するために、いったんこの男と狼と分かれ、ひとりニューヨークに出る。ひとりゼロからの出発。五番街にバッグを下ろす。

目的の資本金に手をつけないがために、厳しい食生活、貧困の生活の一途。
電話帳を片手に政府機関を訪ね、コンサート用のステージ衣装のほかは、たった一枚しかなかった着替えを洗濯をするためのコインランドリーを探したりした。

3年。ようやく落ち着いてきたのが1997年。

自ら望んだ不安定な生活を両親に知らせることもなく、極秘に暮らした。
まさにバヴァロッティとヨーヨーマくらいしかクラシックの音楽家は知られていないクラシック不毛の土地。

ピアノの練習の条件がこれほど厳しいことはなかった。
まず、自分のピアノがなかった。

練習したいときは、五十七番街のスタンウェイ社にいくか、お金を払って2,3時間ピアノを借りた。

ようやく2001年にはじめてコンサート・ピアノ、スタインウェイDの所有者となった。

でもグリモーには狼たちがいて、音楽があった。

来る日も来る日も狼の囲い用の土地を探すために懸命になった。そんなある日、不動産屋から連絡があって、ついにグリモーにとっての天国の土地を見つけてくれた。

地元当局との果てしない交渉の結果、「ニューヨーク・ウルフ・センター」を設立。

30名ほどの従業員を雇用。(現在はわかりませんが。)最初の狼数匹を収容した。
センター設立後は、1999年に750名の子供が、2002年には8500人が訪れるようになった。

グリモーの最大の楽しみにしていることのひとつは、夜、囲いの狼たちのそばで音楽の研究をすること。

そして、コンサートの出演料はすべて、この施設の運営費、狼の養育費に充てられ、それが尽きてくると、またコンサート遠征に出かける、という毎日。

10155010_10152706389228219_1798647325_n[1].jpg

1902820_10152706389178219_1547179860_n[1].jpg

10153198_10152706389108219_1363654753_n[1].jpg

1524598_10152706389188219_22164452_n[1].jpg

10152633_10152706389143219_459742101_n[1].jpg

なんと野性的なんだろう!彼女の野性的で摩訶不思議なオーラがいっぱいなのは、このような人生を歩んできているからなのだ。

表面的な生き方をするだけでは絶対得られない、修羅場の人生を歩んできたからこそ得られる”本物”の凄み。

この彼女の人生を書き綴った(彼女自身の独白本)、この「野生のしらべ」という本は、もっともっと詳しく内省的に彼女の心情描写を綿密に描いています。


自分は、それを何回も読んで全体のシナリオが見えるレベルで掻い摘んでいるに過ぎなくて(パブリックにできるギリギリのレベルという自己判断ですが.....)、5月の彼女のリサイタルの前に、ぜひ読んでもらいたい本と思ってこの日記にしました。この本を読み終わったとき、ほんとうに感動してしまい、ぜひこの感動を伝えたいとただそれだけを思っただけ。

またこういう人生の変遷の歴史を知りつつ、一連の彼女のCDを聴き込むと、よりエレーヌ・グリモーというピアニストの真髄がわかるような気がしました。

自分もグリモーのことは、プロフィール欄に書かれている表向きのことくらいしか見識がなかったので、この本を読んで、彼女の数奇な人生に本当に感動した次第なのです。

海外への音楽鑑賞旅行も、なにもヨーロッパだけに限ったことではなくて、アメリカもぜひ訪問したい夢があります。(ヨーロッパには、数えきれないくらい、何回も行っているのだが、アメリカには、なぜか縁がなく、生涯にかけて1回も訪れたことがないのです。)

そのときコンサートホールやオペラハウスだけでなく、番外編として、このグリモーの「ニューヨーク・ウルフ・センター」をぜひ訪問してみたい!

次回の日記では、彼女のディスコグラフィーを聴きこんでの試聴記を予定しています。ここで説明してきた彼女の作曲家の嗜好をそのまま録音として作品化してきた、その変遷の歴史、彼女の音楽観を理解しつつ聴き込む訳です。

つくづく思うのは、クラシック録音の王道のDGレーベルのピアノの録音がじつに美しいと感じることです!!!

【参考文献】グリモー、『野生のしらべ』、北代美和子訳、平成16年、ランダムハウス、2004年


私が選ぶ魅力的な現代女流ヴァイオリニスト [クラシック演奏家]

以前にも日記に書いたと思うが、ソリストはやはり女性のほうが華がある。男性ソリストは男性特有の魅力があってまた別次元で話すべきなのだと思う。自分は特に女性ヴァイオリニストが好きかもしれない。


もちろん女性ピアニストも大好きで、(結局女性ソリストが好きなんですかぁ??(笑))ピアノ自体が大きいので、ピアノ+奏者というフレームで捉えられる絵柄と、ヴァイオリンを持つ女性奏者という絵柄では、それぞれ違った魅力があるのだが、両方ともすごく魅力的。(間違った認識を持たれると困りますが、魅力がある楽器は、もちろんVnとPfだけじゃぁありませんよ。)

特にヴァイオリンは唄う楽器なので、オケをバックにコンチェルトを演奏する女性ヴァイオリニストは、オケをバックに歌うソプラノ歌手のように華があって共通点があるといつも思っている。

そんな中で現在の女流ヴァイオリニストで、自分が気になるソリストたちをピックアップしてみたら面白いと考えた。たとえばランキングというのは、自分がやるには、そういう風にランク付けしてしまうのは、ソリストに対して失礼だと自分は思うので、それは絶対やらない。だから自分がいま気になっているソリストたちをピックアップしてみたい、というだけである。(というか、アラベラ・美歩・シュタインバッハーとムターとを同じ土俵にのせることじたい、間違っていると思う。)

あと、このようにまとめることで、ある程度調査が必要なので、そこで知りたい情報が、彼女たちが使っている楽器と所属レーベル。これはまとめることで、俯瞰することができるので面白いと思った。オーディオファンにとって、ここが結構気になるポイントなのである。

大体これを調べてこのようにまとめるのに1か月くらいかかった。(海外旅行前でしたが。)

さらにそのソリストに対する自分の印象とコメントを少々だけど加えるとユニークになると考えた。

たくさん漏れているソリストたちもいっぱいいると思うが、あくまで今思いつく、ということが前提なのでご容赦願いたい。あと、邦人の女性ヴァイオリン奏者は対象に入れていない。これも別枠で話をするべきだと思う。

●アラベラ・美歩・シュタインバッハー

12002096_972532646123005_4702781693686754520_n[1].jpg

PENTATONEレーベル。もう彼女については、今更説明することもない、と思う。自分にとっていま1番入れ込んでいるヴァイオリニスト。いま世界中をコンサートで駆け回っている人気者で、FBの彼女のページを登録しているのだが、その各国を駆け回っている多忙の日々がデイリーで報告されていて生々しい。

本当に去年の年末あたりから、急に垢抜けた感じで、どんどん知名度が上がっているような感じがする。来年の2月のN響とのチャイコフスキーのコンチェルトの公演もすでに完売ソールドアウト。人気が出るにつれてチケットも取りにくくなるのかなぁ、と思うと複雑な気持ち。でもS席が3800円なのである!(驚)なんと良心的なのだろう!彼女は今後ビッグになっていっても、近寄りがたい大スターというより、こういう我々に近い存在でいてほしいなぁと思ったりする。

使用楽器は、日本音楽財団より貸与されている1716年製ストラディヴァリウス「Booth」。


●アリーナ・イブラギモヴァ

photo[1].jpg

Hyperion レコード(ロンドン)。ロシア人の奏者(1996年にイギリスに転居)。
アラベラ様についで、非常に気になる存在。若手のヴァイオリニストの中ではピカイチの存在だと思う。今年、東京交響楽団とのコンチェルトでモーツァルトのVn協奏曲、そして王子ホールでモーツァルト・ソナタを体験したが素晴らしかった。期待にたがわぬ魅力的な奏者ですね。ただ、彼女自身、バルトークやイザイのようなストイックな曲風だととても似合っているのだけれど、メンデルソゾーンなどのロマンティック路線だとどうもぎこちないとうか、イメージに合わない感じがする。でもそれは経年とともに彼女が克服していくと思うし、キャリアが解決しますね。来年の3月のモーツァルト・ソナタはもう一回行ってみようと思っています。

使用楽器はゲオルグ・フォン・オペルから貸与されたピエトロ・グァルネリ(1738年)。


●ロザーヌ・フィリッペンス

11080441_361714330691535_282938789710072637_o[1].jpg

Channel Classicsレーベル。つい最近見つけたデビューしたての新鋭。オランダ人奏者。とにかく彼女に関する情報が少ないですね。オランダのハーグ王立音楽院、ドイツのハンス・アイスラー音楽大学でヴァイオリンを学び、2009年のオランダ国際ヴァイオリン・コンクールで第1位、また2014年のフライブルク国際ヴァイオリン・コンクールでも見事第1位に輝いた、というオランダの華麗なる経歴の才女である。まさにオランダのレーベルChannelc Classicsでは、自国のスターという期待の新鋭で、すでにこのレーベルを背負ってきたレイチェル・ポジャーの後釜のスターとして育てていこうという感じなのではないかな、と予想している。自分的にちょっと追っかけてみたい奏者。期待している。Channel Classicsから2枚アルバムをリリースしていて、2枚目のシマノフスキのコンチェルトは絶品で優秀録音でした。

使用楽器は、名ヴァイオリニストH・クレバースの愛器 Michael Angelo Bergonzi。


●二コラ・ベネディッティ

1897961_10152936717063365_8697581985618140678_n[1].jpg

DECCAレーベル。スコットランドの奏者。2004年にBBCのコンクールで優勝デビューして名を馳せた。2005年にDGと契約。アルバム6枚を出す。その後もいろいろ多数のオケとの共演、キャリアを積んでいる。まだ実演に接したことのないソリストで、魅力的な奏者に見える。FBの公式ページでは登録しているが、活動は盛んのようだ。問題なのは、そうなのに自分はCDすら1枚も持っていないので彼女の音を聴いたことがない、という事実だ。ちょっとこれは問題。至急に解決します。でもスゴク気になる奏者なのです。

いつか実演に接してみたい奏者である。

使用楽器は1717年製ストラディヴァリウス「ガリエル」。


●リサ・バティアシュヴェリ

12006223_965999326777219_8105685495893828577_n[1].jpg

SONY/DG/EMIと多様。アナチェマンコ氏門下生。(アラベラ・美歩・シュタインバッハーやユリア・フィッシャーもそうです。)ベルリンフィルのヨーロッパコンサートにも出演。ゴローさんが一押しだった奏者だった。N響とも何回も共演している。(私は、ブラームスのコンチェルトで実演に接しました。)ゴローさんは自分の日記でも彼女のことをかなりプッシュしていたし、N響との共演の時は、毎回世話役をおうせつかっていたようだった。ブラームスのコンチェルトのときは、私とNHKホールのロビーでゴローさんと前半の感想会をやっていたにも関わらず、電話が鳴ってきて、「ゴメン、リサから呼び出しがあったんでまたね。」とか言って嬉しそうに戻っていった、なんてこともあった。(笑)

アナチェマンコ氏門下生の3人の中では1番格が上かもしれませんね

日本音楽財団貸与の1709年製ストラディヴァリウス「エングルマン」。
 
 
●レイチェル・ポジャー

20090909235341110[1].jpg

Channel Classicsレーベル。このオランダのレーベルを長年にわたって支えてきた看板スターである。どちらかというと、ピリオド楽器などのバロック系音楽を得意とする。来日経験はないと思う。まさにマイナーレーベルの雄という感じ。私は彼女の録音はスゴク好き。鮮度感とかエネルギー感がスゴク高くて優秀録音が軒並み多い。同レーベルの彼女のバッハの室内楽の録音は、私のオーディオオフ会ソフトの定番である。

ぜひ実演に接してみたい奏者なのだけれど、来日は難しいかなぁとも薄々感じたりする幻の奏者的な存在。

彼女に関する情報は、ほとんどネットでも拾えなくて不明なところが多い。なので使用楽器も不明。

●イザベル・ファウスト

20121230_4293595B15D[1].jpg

ハルモニア・ムンディ レーベル。 現代でも有数の実力派ヴァイオリニスト。彼女はいわゆる実力派タイプで、人気が後になってついてきたという感じで、今はもう最高潮なのかもしれない。いわゆる玄人筋受けする奏者で、評判が高い。


じつは去年芸劇で実演に接したが、じつはイマイチだった。(^^;;

立居姿、演奏する姿勢が非常に悪く、音色もパッとしなくて、これが噂のイザベル・ファウストかぁ、という感じであった。まずその立居姿であるが、ヴァイオリン弾く姿勢が、体をよじったり、前かがみになったり、少し屈んだりして、格好が良くないのだ。やはりヴァイオリン奏者というのは、その立居姿もきちんと絵になるというのもひとつの条件のように自分は思っている。そして彼女の音色。ファウストのヴァイオリンの音量が小すぎる。オーディオ仲間の話でもオーケストラと共演のファウストの音を寒色系の薄くて小さい音という印象を日記で書いていた。どの曲もテンポはやや遅めで、音楽の流れが今ひとつ。

どうも自分の周りのファウストに対する印象で、よかった、という印象はほとんどないのだ。(上記のような印象ばかり。)
 
ファウストは優れた録音演奏家であるが、優れた実演演奏家ではないのではではないか。期待が大きかったので、その分失望もあった。


いわゆる求道的タイプな演奏家で、評価も高いので、ぜひリベンジをしたいと思っていて、来年1月の都響とのコンチェルトに馳せ参じようと思っている。あと王子ホールでのリサイタルにもぜひ行きたかったのだが、チケットを取り損ねた。これでダメなら、やはり自分も含めたいままでの印象は正しいということになる。

使用楽器はストラディヴァリウス「スリーピング・ビューティ(1704年製)」。


●ヒラリー・ハーン

148291_475178301793_8041588_n[1].jpg

DG(ユニバーサル)レーベル。アメリカ人奏者。もう彼女もいまさらなにを言わんや、という感じである。もう数えきれないくらい実演に接してきた。そしてオーディオでも彼女のCDはたくさん持っていて、擦り切れるくらい聴いてきた。最初はちょっと外見的に冷たいクールな感じに見えて、そこにちょっと食わず嫌いのマイナスイメージを持っていたのだが、彼女のシベリウスのVn協奏曲の録音が自分を変えた、というか、あの録音でいっぺんに彼女の虜になった。あのシベリウスのコンチェルトの録音は、いまでも自分の中ではシベリウスの近代演奏録音の中でベストワンでもある。そして引き続きブラームスの協奏曲も虜になった。

そこから狂ったように実演に接してきた。来年にもまた来日してくれるようなので、ぜひ行ってみたい。

使用楽器は、パガニーニの所有していた'Cannone'のコピーであるヴィヨーム (Vuillaume) の1864年製。


●ユリア・フィッシャー

001[1].jpg

DECCA/PENTATONE レーベル。ドイツ人奏者。もう我々オーディオマニアの中では、超有名人であるので、これも説明不要だろう。PENTATONEレーベルの初代マドンナである。彼女の録音はオーディオオフ会の定番ソフトであった。コンクール歴がスゴクて、8つの国際音楽コンクールのすべてで優勝(うち3つはピアノでの受賞)。ヴァイオリンとピアノの両刀使いである。でも彼女の本質は、ヴァイオリンのほうにある、と思う。

DECCAに移籍してから、自分的にPENTATONE時代にあった張りつめた緊張感というのがなくなったという感じで、サウンド的にもピンとこない。日本への来日経験はないと思う。生涯で1度でいいから実演に接してみたい奏者である。

使用楽器は、現代ヴァイオリン製作者フィリップ・アウグスティン(Philipp Augustin)の2011製。


●ジャニーヌ・ヤンセン

11988741_10153260345218716_1126161236969415721_n[2].jpg

DECCAレーベル。オランダ人奏者。ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ロンドン交響楽団、など数々の輝かしい演奏経歴があって、着実な道を歩んできている。

自分も、彼女の録音をかなりの枚数持っていてオーディオではかなり聴きこんでいる。非常にスタンダードなクセのない正統派の弾き方をする奏者だなとも思っていたが、ただ自分にとって刺激になるようなピンと来るものがなくて、いままでのめり込めていなかった、という引け目を感じていた。

美人であるし、腕も確かなので、あとは自分にとってのインパクトがどこまであるのか、というそこが問題であった。

2012年11月には日本での初めてのリサイタルを開催している。

じつは来年2月には来日を果たしてくれるようで、これはぜひ行きたいと思っている。彼女の魅力をたっぷり堪能して解析してみたいと思う。ぜひのめり込んでみたい。

使用楽器は、エリーゼ・マティルデド基金から貸与されている1727年製ストラディヴァリウス「Barrere(バレール)」。


●ヴィクトリア ムローヴァ

img_1[1].jpg

Onxyレーベル。ロシア人の奏者。ソナタものよりもヴァイオリン協奏曲などのジャンルの録音を多く残している。じつはクラシックだけではなくてジャズやポピュラー音楽などにもチャレンジしており、結構クロスオーバー的なスタンスのアーティストでもある。

彼女はバッハのヴァイオリン協奏曲のCDを購入して聴いた。素晴らしい演奏と録音であった。でもそれ1枚だけであり、実演にも接したことがないので、ぜひ来日公演を果たして実演に接してみたい奏者である。


愛器は、1723年製のストラディヴァリウス「ジュールズ・フォーク」。準バロック様式の弓を用いている。バロック音楽の演奏会では、別の古楽器グァダニーニも使用している。


●チョン・キョンファ

201211170049_b[1].jpg

EMIレーベル。韓国人奏者。まさに1960年代からの奏者で女王と言っていい経歴と貫禄がある。
イギリス人と結婚してイギリスでの演奏活動になった。

1970年に開かれる慈善ガラ・コンサートへの出演の誘いを受け、この演奏会で、チャイコフスキーの協奏曲を弾き、イギリスの新聞から「ジネット・ヌヴー以来、こんな素晴らしいヴァイオリニストを聴いたことがない」「満員のお客のしつこい拍手喝采以上の価値が本当にあったのだ。果たしてハイフェッツがこれよりも巧く奏いたかどうか、疑問に思う」といった賛辞を受け、英デッカ・レコードと録音契約を結び、年に100回以上の演奏会を行うトップ・ヴァイオリニストとなった。

今年、チョン・キョンファのVnリサイタルをサントリーホールで聴いてきた。足を大の字に広げて、膝を曲げながら体を揺らしダイナミックに弾く彼女。やっぱりいまどきの美女系などを寄せ付けない風格というか貫禄があった。

使用楽器は不明。


●アンネ・ゾフィー・ムター

300739_10150287735099063_1308158_n[1].jpg

DGレーベル。ドイツ人奏者。トリはやはり彼女がふさわしいと思った。まさにヴァイオリンの女王である。カラヤンに見いだされ、スターダムに上がっていき、カラヤン亡き後も、まさにトップ奏者として現在に至る。彼女の実演ももう何回接しただろうか、そしてCDも何枚持っているだろうか? もう今さらこの狭い紙面では語りつくせないものがある。もう自分のクラシック・ヴァイオリンの基本のような人である。


最近では数年前にサントリーホールでバッハのヴィヴァルディ四季の演奏会と、さらに演目は忘れたがこれもサントリーのリサイタルで足を運んだ。

彼女が来日するときは、必ず足を運ぼうといつも思っている。

以前、女性は経年のほうが絶対色艶が出てきて美しくなる、という持論を展開したが、その最先鋒とも言える人がこのムターのことを言っていたのだ。

13歳でカラヤンに見いだされたときは、正直芋ねーちゃんだった。これが最近になるにつれて、見違えるようになってどんどん美しくなっていて、ヴァイオリンの女王としてふさわしい威厳ある美女になっていった。

これからもずっと女王として君臨していってほしいものである。

使用楽器は、彼女は2丁のストラディヴァリウスを所有している。1つは1703年製「エミリアーニ(Emiliani)」、もう1つは1710年製「ロード・ダン=レイヴン(Lord Dunn-Raven)」。

いかがだろうか?ランク付けはしないけど(というかできない)、自分がいま頭の中に浮かんでくる現代の女性ヴァイオリニストである。1か月かけてまとめあげた大作です。(笑)

また新しい新星など発見できるとまたうれしいですね。

自分も1か月もかけて、このようにまとめあげると、今まで漠然と頭に会った業界図式がきちんと整理できたような気がして気分がいい。でもあくまで自分の嗜好に合った奏者だけを集めたものですので、ご了承ください。(笑)


ボウイング [クラシック演奏家]

最近、ノンノンさんはやっぱりソリストは女性奏者のほうが好きなんですか?とよく聞かれる。

その通り!(笑)

日記で取り上げるのは確かに圧倒的に女性奏者ばかり。特にアラベラ様をはじめ、女性ヴァイオリン奏者には目がないかもしれない。思うのは、男性の立場から言わせてもらうと、やっぱり女性ソリスト奏者というのは、絵になるというか華がある。

ピアノの女性奏者もスゴイ魅力的。ピアノ自体が大きいので、ピアノ+奏者というフレームで捉えられる絵柄と、ヴァイオリンを持つ女性奏者という絵柄では、それぞれ違った魅力があるのだが、いやぁ、でもやっぱり両方魅力的だ。

女性奏者の場合、特にフォトジニックである要素と、求道的な演奏力の要素と両方が求めらるケースが多いと思うが、魅力的な女性奏者は不思議とこの両方を満たしているタイプが多いと思う。

プロスポーツなどでもバレーボールやテニスは男性、女性とあるが、やっぱり女性のほうが見ていて視覚的に華がある。でも男性は、反面とにかくその圧倒的なパワー、スピード、これには本当に驚いてしまう。

これってクラシック音楽の世界でもそのまま当てはまるような気がする。

ピアニストであれば、先日取り上げたマツーエフ、彼の実演に接したときは、乱暴なんだけれど、これだけのダイナミックレンジを叩き出すのを目の前にすると、女性奏者では絶対叶わないダイナミズム、躍動感をひしひしと見せつけられるというか......

男性ヴァイオリニストで、そんな異次元の魅力を感じるのが、レオニダス・カヴァコス。

img_0[1].jpg

日本ではたびたび来日してくれるのだが、自分が思うには、そのむさ苦しい風貌(失礼)からなのか、どうも人気がいまひとつのような気がする。

レオニダス・カヴァコスはギリシャ人のヴァイオリン奏者で、かなり前になるが BISレーベルで シベリウスのヴァイオリン協奏曲の初稿版をリリースして話題になった。そのシベリウスや 数年前ではカメラータ・ザルツブルクと共演したモーツァルトのヴァイオリン協奏曲集がソニーから国内盤も出ている。(最近はちょっと追っていないが.....)
 
シャイー&ケヴァントハウスとも良きパートナーで日本(サントリー)にも来日してくれて、聴きに行ったし、2012年の訪欧ではアムステルダム・コンセルトヘボウで彼らをシベリウスのコンチェルトで聴いたことがある。

そう言えばN響定期公演でもカヴァコス観たさにNHKホールで、これまたシベリウスのコンチェルトを聴きに行ったことがある。

結構自分にとって縁の深い奏者なのである。

彼の実演を観て圧巻と思うのは、そのボウイングとその音程の良さ。

右手の弓が弦に吸い付くようなボウイング。
一例をあげれば ヴァイオリンの重音奏法。
二つの弦を同時に弾けば、理論的には 音量が2倍にすることが可能のはず。
でも現実は そうではなく3度やオクターブの重音で動くパッセージでは、しばしばヴァイオリン独奏がオーケストラにもぐってしまうことが多い、とよく聞く。

ところが カヴァコスの重音奏法は 音程が素晴らしく良いので本当に独奏ヴァイオリンの音量が2倍になったかのようにオーケストラを圧して くっきりと大ホールに響きわたるのだ。 

レコーディング、録音で聴くと 技術的な完璧さは あたりまえの成果のように思え、それほどビックリしないが、変幻自在のボウイングによる彼のダイナミックな表現力は、やっぱり生演奏を聴かないとそのスゴサはわかりえないと思う。

何回も彼の実演に接しているからこそ、わかるスゴサなのだ。

トーマス・ツェートマイヤー
フランク・ペーター・ツィンマーマン
クリスチャン・テツラフ
それに レオニダス・カヴァコス

先日のヤノフスキ&ベルリン放送響のサントリー公演で、ツィンマーマンを聴いたが、もうヴァイオリンの音色がスゴイ音量で、ヴァイオリンでこれだけ絢爛でゴージャスな音色を聴いたことがない、とまで思わせ驚いた。

こうしたヨーロッパの素晴らしい男性ヴァイオリニストたちになかなか日本の音楽ファンの耳が向かないのは 残念ともいえる。

ピアノもそうだけれど、ヴァイオリンも男性に弾かせると、そのダイナミズム&パワーな魅力で、女性奏者にはなし得ない瞬発力、爆発力の魅力があるのだが、でもやっぱり自分もそうなんだけれど、どうしても視覚的美しさのほうに弱いのかなぁ。(笑)


仲道郁代さん [クラシック演奏家]

今日は立ち直れないくらいショックなことがあった。

緊縮財政のためにコンサート通いを控えめにすると宣言しておきながら、11月にフィリアホールである仲道郁代さんのリサイタルのチケットを取っていたのはいいけれど、セブンイレブン引き取りにしていたのを期限が過ぎているのを知らず、パーにしてしまった。(^^;;

慌ててもう一度取ろうと思ったら、さすがに人気者、ソールドアウトであった。(泣)

じつはもう一枚来年の2月のサントリーでの公演を取ってあるのであるが、でも来年の2月は遠いなぁ。

仲道さんは、ずっと昔からファンなので、定期的にコンサート通いさせてもらっているのだが、ここしばらくご無沙汰していたので、久し振りにと思っていた。

201006290016_b[1].jpg

調べてみれば、去年の軽井沢大賀ホールでの春の音楽祭でのリサイタル以来。

そのときのコンサートの進め方は、普通と違って、1曲1曲弾き終わる度に、マイクでMCをやる、というスタイルでおこなわれた。いかにもメディア向きの彼女ならでは、と思った。

仲道さんは、本当に可愛らしい美人なお方で、それでいてトークなども非常に流暢なおしゃべりなので、非常に頭のよい方なのだと思う。NHKなどのクラシック番組でも頻繁にお見かけするし、TV,メディア向きのお方なのだろう。

また自分の友人にピアノの調律師の方がいらっしゃるのだが、「どこの馬の骨ともわからないスタッフの自分にも頭を下げて挨拶をしてくれました。」と感動していたと同時に大変恐縮していたようだ。そのお人柄がよく偲ばれる。

生前ゴローさんとも大変親交が深くて、いろいろ仕事をいっしょにされていた。記憶に新しいところでは、NHKでショパンの記念イヤーの年に、愛娘さんとショパンの祖国ポーランドに渡って、ショパンに纏わる名所巡りや当時のピアノ(確かプレイエルピアノ)を弾くという番組をいっしょにやっておられた。

またステレオサウンド誌では、仲道さんの家のリビングに置くスピーカーを選ぶという企画で、ゴローさんがスピーカーを何種類か選んできて、仲道さんに聴かせて、その音の印象を語ってもらい、どのスピーカーにするか選らぶ、という特集があったのを覚えている。

音色の印象などしっかりと述べられていた印象があり、それもオーディオマニア的なガチガチな理系コメントではなく,いかにも演奏家ならではの感性の鋭さというか、芸術的センスの良さを感じるものだった。

仲道さんのピアノ練習室にはGOTOユニットで構築されたスピーカーがあるのだ!(驚)結構オーディオセンス溢れるお方なのである。

GOTOで組まれたスピーカーは、極上のピアノの音色を奏でることで有名で、ピアノの音色にうるさいオーディオマニア間でも評価が高い。同じピアニストでは清水和音さんの練習室にもGOTOがあったと記憶している。自分もゴロー邸のGOTOユニットで組まれた自作スピーカーを生涯で1度は聴いておきたかったが、叶わぬ夢となってしまった....(弟さんが引き継いでいるそうです。)

コンサートでは、マニアックな曲というより、どちらかというと万人受けする非常にわかりやすい演目が多い。ショパン、モーツァルト、ベートーヴェンあたりが定番でしょうか.....

自分が持っているCDはどんなものがあったか調べてみると、とりあえずこの3枚が見つかった。(もっとあったはずだが、膨大なラックから探し出すのが不能。(^^;;

DSC03370.JPG

日本コロムビアDENONから有田正弘さん&クラシカルプレイヤーズ東京とのショパンのコンチェルト。(プレイエルピアノで演奏)そして、なんと!パーヴォ・ヤルヴィ&ドイツカンマーフィルとベートーヴェンのコンチェルト全集を作っていたんですね。

今日は家の中でこれらを聴いて癒されておりました。

写真は、大賀ホールでの仲道公演の後に、大賀家にずっと所蔵されていたスタンウエィをこの日を契機に、この大賀ホールに寄贈したい、との申し出が大賀夫人のほうからあり、その授与式がおこなわれた模様。

ステージでは、大賀ホールの館長から奥さんが感謝状を授与されるセレモニーがあった。奥さんは、マイクで、旦那さんがつま弾くときぐらいしか使っていなく、亡くなられてからはまったく使用されていなくて死蔵状態だったとのこと。これを機会にぜひこのホールの公演で使ってほしいと仰られていた。

大賀さんは若手の演奏家の育成を非常に重要視していて、このホールではそういう意味もあって安価なチケット代金で良質なコンサートを楽しめるように、という配慮のある運営がされている。この寄贈されたスタインウェイ、将来を夢見る若手の演奏家にどんどん使ってほしいと思う。またそうすることが大賀さんの意図するところでは、思うのだ。

25940505_2071898127_27large[1].jpg


エルムの鐘交響楽団 [クラシック演奏家]

 top_autumn2011[1].jpg  top_summer2011[1].jpg  gassou[1].jpg

ソニー時代の同期の友人から、こんな情報をもらった。

1994年、わが母校である北海道大学交響楽団OB有志が発起人となって活動を開始したアマチュアオーケストラで、「エルムの鐘交響楽団」と称して、東京都内で活動しているらしい。

orche[1].jpg

なんでも今の職場の目の前に座っているおじさんがチェロで出演するんで券をもらったので半分義理で期待せずに行ったけど結構楽しめた、とのこと。

私が北大OBということで、気を利かしてその存在を知らせてくれたのだ。

いまも北大に学生オケがあったかどうか定かではないが、こういうOBが集まって、しかも都内で活動しているなどとは夢にも思わなかったので、なんかうれしい気分。

でも実際は、約90名の団員のうち、北海道大学交響楽団OBは約3割にすぎず、 大部分はこのオケの「音色にこだわり、アンサンブルを楽しむ」という ポリシーに共感して集まった仲間たち、というのが実情のようだ。

また、読響の元ソロ・コンサートマスターである藤原浜雄氏を招いた「アンサンブル合宿」、金管アンサンブルなど、演奏会以外の活動も活発に行っている。さらには2013年には、イタリア・ビトント市で特別演奏会を開催した、というから、そういう国際的な活動もやっているとは驚くばかり。


北海道大学には、時を告げるためにエルム(ハルニレのこと)の木に ぶら下げて使っていた「エルムの鐘」というのがある。(確かに私の在学時代にもその存在は知っていた。)

設立の際、発起人たちの「北のロマンチシズム」を表現したい というこだわりを象徴する名前として、「エルムの鐘交響楽団」としたようだ。

演奏曲目も、北の大地のオーケストラらしく、北欧・ロシアものなどのほか、普段アマチュアが取り上げる事の少ない曲目にも積極的にチャレンジしている。

いままで30回程度の公演をやっているようで、東京中野区の「なかのZERO大ホール」で開催される。

楽団員募集もやっている。自分はオケ経験はないし、楽器も弾けないけれど(中学生までクラシックピアノを弾いていました。だから、おたまじゃくしは一応読めます。ブランクはあるけど(^^;;)、ここに参加している人たちは、普段は自分の仕事を持っている人たちの集まりで、それとは別にこのような活動をやっていらっしゃる方々だと思うので、それはとても素敵な人生を送っているのでは、とも思える。

次回の公演は、10/11のなかのZERO大ホールで、スメタナ、マデトヤ、シベリウスなどをやるようだ。残念ながら、この日は、自分はヨーロッパにいるので、参加できない。

またその次回に期待しよう。

なんかほっこりするような心温まる情報をもらったような気がする。

エルムの鐘交響楽団の公式なHPのリンクを貼っておきます。(上記の私のこの楽団の紹介の説明文は、この公式HPの記載を参考にさせていただいております。)

http://boeso.web.fc2.com/next_concert.htm


NDR(北ドイツ放送響) [クラシック演奏家]

                                       L017383-2[1].jpg

来週6/3よりいよいよNDR&アラベラ・美歩・シュタインバッハーの全国ツアーが始まる。

彼らは、いま中国、韓国ツアーの真っ最中。(PENTATONEのページに写真付きで生々しく(笑))アジアツアーと称して、中国、韓国と回って、そして最終に日本に入ってくる、という感じ。

もういまからドキドキである。

昨日のカウフマンのリサイタルで溜池山王駅からサントリーに行く地下通路の中に、こんな掲示板が!私もFBから知ったのであるが、確かにあった!

DSC03132.JPG



掲示板にあるスポンサーに名を連ねている一連の名前を見ると、いろいろ思い当たることがあって、至極真っ当というか、この方々のおかげで我々がこうして楽しめるのだなぁと感謝したりもする。


そこでアラベラ様の新譜を始め、毎年恒例のアラベラ様のほうの紹介をしてきたが、肝心のNDR (北ドイツ放送響)についても、自分なりに書かないと思っていた。

よかった!本番が始まる前に間に合って.....!

FBで今回のツアーの招聘元であるKAJIMOTOさんのページでもシリーズでNDRが紹介されていたので、興味深く拝読していた。

NDRは今回含めてもうすでに10回も来日しているんですね!

さらには2012年には、先日水戸室定期で素晴らしい演奏を披露してくれた竹澤恭子さんをソリストに迎えて来日公演をやっているらしい。

驚きでした。じつは自分は1度も彼らの実演に接したことがない。

やっぱりSNSの威力って大きい。FBは個人間のコミュニケーションツールという役割以上に企業の広告ツールとしての効果が抜群だと常日頃感じる。自分はFBはクラシック業界とつながるためのツールという位置づけで使っていて(ふだんの仲間とはmixi)、このFBから入手する情報ってすごい早いし、豊富だし、ホントに便利な時代になったとつくづく感じる。

FBを始めたのがつい最近なので、それより昔の頃で自分に入ってくる情報は、自分から探しにいかない限り、限られていた。だからNDRが過去に10回も来日しているなんて、全く知らなかった。(笑)


自分にとってNDRと言えば、真っ先に思い浮かぶのが、ギュンター・ヴァントであった。
ラックの中を探してみたら、この3セットが見つかった。

DSC03136.JPG



この中でもRCAのベートーヴェン交響曲全集はすばらしいセットで、いまは廃盤で中古市場でも幻のお宝セットとしてプレミアがついている。録音も素晴らしくて名演奏としても堂々と唄える部類だと思う。

ギュンター・ヴァントという人は、最晩年のベルリンフィルとのブルックナー交響曲選集も素晴らしくて評価が高いが、この人の本筋というか、1番この人の色が出ているのが、このNDR(北ドイツ響)やケルン放送響と残してきた一連の作品群、全集ではないかと思っている。

だから自分は、ヴァントを通してきてしか、NDRのことを知らない。(しかもオーディオを通してしか。)

KAJIMOTOさんの特集によると、過去の来日した時のNDRの指揮者は、下記の通り。

1987年    シャルル・デュトワ / 朝比奈 隆
1990     ギャンター・ヴァント / クシシュトフ・ペンデレツキ
1997     ヘルベルト・ブロムシュテット
2000年5月     クリストフ・エッシェンバッハ
    11月    ギュンター・ヴァント
2003     クリストフ・エッシェンバッハ
2005     アラン・ギルバート
2007     クリストフ・フォン・ドホナーニ
2012     トーマス・ヘンゲルブロック

蒼蒼たるメンバーである。
現在の首席指揮者は、トーマス・ヘンゲルブロック。 
yjimage[1].jpg
 


ドイツ人の指揮者で、元々はヴァイオリン奏者だったようだ。アーノンクールのあのウィーン・コンツェントゥス・ムジクスに参加したりで華麗な演奏経歴を持っていて、1985年あたりから指揮を担当するのようになってドイツのハルモニア ムンディに多くの録音を残している。

NDRの指揮者に就任したのは、2011年というから、ヘンゲルブロック体制も今が脂がのってきたいい時期なのかもしれない。

NDR(北ドイツ放送響)は北ドイツ・ハンブルクに本拠を置くオーケストラである。1945年結成というから名門といっていい。その名の通り、北ドイツ放送協会の放送オーケストラである。

o0400028810203082518[1].jpg



本拠地は、ハンブルクのライスハレ。

Laiszhalle_in_Hamburg-Neustadt[1].jpg

こんな素晴らしい名門オケが、もう10回も来日していて(初来日は自分が社会人1年生のとき!)、1回も実演に接したことがないなんてなんて勿体ないことをしていたのだろう!と思う。

SNSのなかった時代だから仕方ないよな、と自分に言い聞かせたり......

今回、このヘンゲルブロックが指揮するNDRの公演を3回も聴けるのだから、いままでの分を取り返そうといったところだろうか。

そんな背景もあるので、どういう演奏をするオケなのか、どのようなサウンドなのかはオーディオで彼らの最新録音を聴いてまず判断するしかない。

そこで最新録音の下記の3枚を購入。(現在の彼らはソニー・ミュージック)

DSC03128.JPG




今回のツアーで演奏されるマーラー1番と、シューベルト8番、ドボルザーク4番。

全般を通して感じるのは、素晴らしい演奏力を持ったオケであることは1発でわかった。そのサウンドがそのことを雄弁に語っている。

弦の厚み、木管の色彩感溢れる嫋やかな音色、安定した金管など繰広げられる旋律と、それらの旋律がこのように時系列でうまく配置されて聴こえてくるのを聴けば優秀なオケであることが想像できる、というもの。

まぁ勝手な想像であるが、戦車なみの重量級サウンドのオケという感じではなくて、もう少し軽めのミドルクラスのオケかな?というイメージが、その音色を聴いていると湧いてくる。切れ味は結構鋭い。

本番で演奏されるマーラー1番であるが、マーラーにうるさいマーラーフリークの自分にとって、実は、ちょっとというか、かなり違和感があった。最初かなり録音が悪いな、と思ってしまった。(笑)聴いていて、普段聴いていた1番のように気持ちよく聴こえてこないという感じで不思議であった。

後で確認したところ、彼らが採用するのは、1893年ハンブルク稿・5楽章版というものであることがわかった。まだ誰も聴いたことがないハンブルク稿ということである。

このことを知らないで、本番の演奏を聴いて、いつもと違うと言って、酷評の日記を書いたら大恥を掻くところであった。(笑)

本当に力のある有能なオケ、本番が楽しみである。

本番に向けて壮行という感じで〆たいところであるが、へそ曲がりな自分には、ちょっとまたお小言言っていいですか?

ソニーの録音がどうも自分にはイマイチに聴こえてしまう。ソニーの技術であるBlu-Spec CD(BDの光学系でCDを読む。)なのだが、どうもナローレンジに聴こえてしまう。

Blu-Spec CDとか関係なくて、録音収録、編集の段階での問題のように感じる。オケの音が薄いというか密度感がない(情報量が少ない)、ように聴こえる。

試しに古い時代の録音であるヴァントのベートーヴェンを聴くとワイドレンジというかオケの音が厚い(情報量が多い)のである。確かにSACDとCDの違いがあるかもしれないけれど、そういう問題を遥かに超えたところでの問題のように感じてしまう。

3枚ともそう。聴いていて、なんかそういうイメージを自分はずっと持っていて、釈然としないところがあった。(まぁ自分の2ch再生能力が乏しいのかもしれません......テキトーにスルーしてください。)

はたして、アラベラ様とヘンゲルブロック&NDRのコンビネーションは?

もういまからワクワク・ドキドキして期待いっぱいで胸を膨らませています!

いつまでも記憶に残る素晴らしい公演でありますように!


ピアニスト高橋望さんの「バッハ ゴールドベルク変奏曲をライフワークに」のご紹介。 [クラシック演奏家]

埼玉県秩父市を中心に活動されているピアニスト高橋望さんのイベントに関してのご紹介です。
私のようなブログでは、あまり宣伝効果にならないかもしれませんが(笑)、1人のお客様でも多くの方に参加していただけると幸いです。

去年、音楽ジャーナリストの池田卓夫さんの紹介で、伊藤憲孝さん、高橋望さんのデュオを紹介され、秩父で連弾のコンサートに参加してきました。その時以来、高橋さんとはよいお付き合いをさせていただいております。(伊藤さんとは、mixiのほうで数年前からのお付き合いです。)

今回、高橋さんは、バッハのゴールドベルク変奏曲を、自分のライフワークにしていこう、と決意なされ、その第1歩として今回のイベントを発起したとのことでした。

イベントは、2日に分かれ、1日目は、いわゆるトーク付き勉強会。高橋さんのトークを交えてゴールドベルク変奏曲の魅力を存分に紹介するという趣旨で、常日頃、楽譜が読めないのだけれど、というような方にもわかりやすくその魅力について説明いただけるとのこと。

そして2日目が、リサイタルになります。私もゴールドベルク変奏曲は、とても好きでグールドはもちろんいろいろな演奏家のCDを聴いてきました。高橋さんがどのような解釈で、いろいろご披露していただけるのか、とても楽しみにしています。

1日目の勉強会は予約が必要とのことです。2日目のリサイタルは、もちろんチケット購入が必要です。私は、両日ともぜひ参加しようと思っております。みなさんもぜひ、参加していただけることを切に願っております。素晴らしいピアニストの方です。

このイベントに関して、高橋さん自身がインタビューに応じたユーチューブ動画をアップしておきます。今回のイベントの趣旨がよくわかると思います。

「クラシックニュース 高橋望 ゴルトベルク変奏曲をライフワークに」

https://www.youtube.com/watch?v=fjh4Ae4mzfs 

イベントの詳細は下記の通りになります。

■1月17(土)ゴルトベルク変奏曲勉強会 (東京 虎の門 B-tech Japan)

[開演時間] 第1回 14時~15時30分(余裕あります)  第2回 16時~17時30分(残席些少です)

[出演]高橋望(お話)  *お早目にお申込みください。

[内容]ゴルトベルク変奏曲のココがスゴイ!~楽譜の読めない方にも分かり易くお話します。

[協力]㈱B-tech Japan
[参加費]]無料 

[対象]1月31日のリサイタルのチケットをお持ちの方
[ご予約が必要です]→事務局049-283-2439まで

■1月31日(土)ピアノリサイタル(東京、四谷区民ホール 15時)

[出演]高橋望(ピアノ)
[曲目]バッハ ゴルトベルク変奏曲
[チケット]一般3000円、学生500円 発売中!

[主催]クラシックに親しむ会
[後援]パルマタイの会、㈱B-tech Japan、
社団法人日本クラシック音楽協会
[チケット販売]イープラス→
http://eplus.jp/sys/T1U89P0101P006001P0050001P002137508P0030001P0006


東京文化会館チケットサービス03-5685-0650


アラベラ・美歩・シュタインバッハーのインタビュー特集 [クラシック演奏家]

12月の来日が迫ってきているアラベラ・美歩・シュタインバッハー。今一押しで自分的には1番旬なヴァイオリニスト。

ミュンヘンでドイツ人の父親と日本人の母親との間に生まれた日系ハーフのソリストで、PENTATONEが絶賛売出し中の看板娘である。
steinbacher1018[1].jpg
(この写真は、クラシック情報専門誌 月刊「ぶらあぼ」でのインタビューでの、写真家:中村風詩人さんの撮影されたお写真から拝借して参りました。)

来日を迎えるにあたって、各メディアが彼女のインタビューをおこなっていて、それが一斉にパブリックになった。

1981年生まれの彼女は、現在33歳。決して若くない。デビューも2000年頃だ。結構中堅どころなのだが、いままで日本での知名度というか露出が少ないので、新鮮な存在に感じる。

メディアによる演奏家の扱いというのは、私見であるが、その演奏家人生にとって、必ずはじける瞬間というのがあって、彼女がいまそういう時期なのではないか、と思う。

PENTATONEでのデビューは随分昔みたいで、HMVを眺め見ていると、結構彼女のアルバムはいっぱい出ている。(知らなかった。(^^;;)) その当時は、ユリア・フィッシャーが鎮座していたので、彼女はサブ扱いだったのかもしれないが、ユリアが去った今、まさにPENTATONEレーベル挙げて彼女をプッシュしている。

FBで彼女のページを登録しているのだが、頻繁にタイムラインに彼女のデイリー・レポートが流れてくるのだが、連日によるヨーロッパコンサート、そして次の新しいアルバムのためのセッション録音など、大活躍だ。

なんとPENTATONEの彼女の次のアルバムは、デュトワ&スイス・ロマンド管とのコンチェルトで、スイス・ジュネーブのヴィクトリア・ホールで録音作業をおこなっている。

これがFBで掲載されているそのときのセッションの模様。(FBでの彼女のページから拝借してきたものです。)
1530333_847959951910780_1867223647877559282_n[1].jpg

なんか彼女の写真をみると、ちっちゃな女の子という感じ(笑)で、大人の色気という感じではなさそうなのだが。(笑)
でもこのオケで、このホール、いかにもPENTATONEのお得意という感じで、しかも自分的にも気になっている組み合わせなので(近年にぜひ訪問予定)、このネクスト・アルバム、とても楽しみだ。

インタビューは、彼女の幼いころに育った環境などの想い出から、音楽観、人生観、そして自分のレパートリーに対する考え方など、演奏家としての彼女の全貌がわかる感じで大変興味深い。

現在はミュンヘンに暮らしている彼女であるが、、母の国である日本は当然ゆかりが深く、子供のとき夏休みに東京・金町(なっなんと!!!)の祖父母の家を毎年訪れていたそうだし、鎌倉や親戚のいる大分の臼杵も好きだ、とのこと。

親近感が湧く。

オーディオで聴く彼女の音色は、ユリアのド派手な音色に比べると、幾分、乾いた感じの乾燥質な音色に聴こえるのが気になる。録音のトータルな出来栄えとしてはいい、と思うのだが。

彼女の愛器は、日本音楽財団貸与のストラディヴァリウス「ブース」(1716年製)。

この楽器の音色が実際の生演奏で聴くと、どのように聴こえるのか楽しみだ。そして彼女の立ち振る舞いなどの演奏姿、きっと映えるんだろうなぁ、楽しみ。

そんな彼女の来日スケジュール。 (すみません、これも「ぶらあぼ」さんからの拝借です。(^^;;))

リサイタル
12/3(水)18:45 愛知県芸術劇場コンサートホール
中京テレビ事業052-957-3333

12/4(木)19:00 トッパンホール
トッパンホールチケットセンター03-5840-2222

12/5(金)19:00 フィリアホール
フィリアホールチケットセンター045-982-9999

12/6(土)14:00 川口総合文化センターリリア
リリア・チケットセンター 048-254-9900

飯森範親(指揮) 日本センチュリー交響楽団
12/9(火)19:00 ザ・シンフォニーホール
曲/メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲ホ短調
センチュリー・チケットサービス06-6868-0591

シャルル・デュトワ(指揮) NHK交響楽団
12/12(金)19:00、12/13(土)15:00 NHKホール
曲/ベルク:ヴァイオリン協奏曲「ある天使の思い出のために」
N響ガイド03-3465-1780

当初は、トッパンホールだけの公演に行こうか、とも思ったが、結局フィリアホールでのリサイタル(これは、ぴあでは売っていなくて、フィリアホールでのHPから購入します。)、そしてぜひ彼女のオケとのコンチェルトも聴いてみたい、と思い、N響とのコンサートも行くことにした。

全部で3公演!
今年の芸術の秋は、これかなぁ。

いま1番はじけている彼女としては、もうひとつの母国である日本での晴れ舞台となりそうだ。

こちらが、そのインタビュー記事。 ぜひ、ぜひとも読んでみてください!

クラシック音楽情報誌 月刊「ぶらあぼ」
http://ebravo.jp/archives/13646

フィリアホールでのHP
http://www.philiahall.com/html/interview/Interview141205.html

アラベラ・美歩・シュタインバッハーのプロフィール
http://www.pacific-concert.co.jp/foreigner/view/49/

安永徹さんの近況 [クラシック演奏家]

去年、mixiのコミュニティの「安永徹」の管理人が不在だったので、立候補しようと思ったら入会日数不足でだめであった。本日久しぶりに覗いてみたら、まったく盛り上がっていない。(笑)トピックスがひとつだけ立っているだけでほとんど白紙状態。原因を考えてみたら、コミュの開設日が2010年5月5日で、安永さんがベルリン・フィルを退団したのが2009年。いわゆる日本に帰国してからの活動の情報がまったく取れないのが原因だと思う。

聞く筋からだと、北海道の旭川にログハウスを所有していて、そこで奥さんのピアニストの市野あゆみさんとともに室内楽活動を北海道を拠点におこなっている、とのことだった。

安永徹さん
yasunaga1[1].jpg

奥さんのピアニストの市野あゆみさん
ichino1[1].jpg 

確かにあれだけ輝かしい経歴の持ち主ながら、帰国後、ほとんどメディアへの露出はない。ネットで検索しても、ほとんどそれらしい記事が出てこない。軌道に乗るまで時間がかかるのかもしれないが、すごく不思議だ。

本日久しぶりにネットで検索してみたら、なんと!それらしき記事を発見!東京都新宿にあるアーツ・プラン株式会社というところが、安永徹・市野あゆみコンビのマネジメントをしているようで、その活動の予定が網羅されていた。

嬉しい!やはりマネジメント会社は東京にないと駄目なんだろうなぁ。活動の場は北海道だけではなく、全国に渡って、いろいろな場所を回っているようだ。

しかもプロフィール情報を見ると、安永さん、現在は洗足学園音楽大学・大学院客員教授に就任している。奥さんの市野あゆみさんも同じく洗足学園音楽大学・大学院客員教授だ。

.....ということは、現在のお住まいは北海道旭川ではなくてやはり東京?それとも旭川に住みながら、東京に出向いている?でも奥さんも同じということは、やはり前者なのかしら?

でも嬉しかった。

着実にその活動の足場を固めているようで順調のようでホッとした。もともとベルリン・フィルを退団した理由というのも、

「定年の65歳までいたら、その後にエネルギーが残らない。20年ぐらい前から市野と2人でデュオの演奏をしていて、2人を中心に若い人と室内楽をすることもある。そういうとき自分が充実しているのを感じる」

「コンサートマスターをしていると、次(の公演プログラム)の準備に時間がかかり、公演が重なると自分の時間がなくなってしまう。デュオや室内楽のことを考えると、技術的にも基本的なことからやり直さないと間に合わない。これから年をとる一方だし、どちらかにしぼらないと、と退団を決めました」

とのことだったので、当初の目標通りと言えるんだろう。

これは私が常々個人的に思っていることで、人によってものさしの基準が違うかもしれないが、欧州クラシック界で最も成功した日本人は小澤征爾さんとこの安永徹さんの2人だと思っている。

いまでこそベルリン・フィルは日本人奏者がいることは当たり前の風潮で驚かないが、1970年代のベルリン・フィルは日本人奏者はおろか女性奏者も禁制だった時代で、いまと比べて格というかカリスマ度が違うというか一種独特の雰囲気を持っていた。帝王カラヤンのもとでミッシェル・シュバルベ、ブランディス、シュピーラーといった伝説の名手達がズラリと勢ぞろいで凄い迫力だった。

日本人奏者は唯一、ヴィオラの土屋邦雄さんがいた。シュバルベに師事していた安永さんがコンマスに選ばれたのは、まさにびっくり仰天というか、凄い驚愕な出来事だったと言える。

あのカラヤン/ベルリン・フィルの第1コンサートマスターに日本人!これが当時どれだけ凄いことだったか!

これに相当するのは、例えはよくないかもしれないが、あの野茂が大リーグに移籍してノーヒットノーランを達成したときぐらいだろうか。安永さんを日本人の英雄、誉れだと思う。見た目の外見も、いかにも昔の東洋人、生真面目な日本人という風情で、その奥ゆかしい性格にも惚れた。

コンマス就任時の記者会見で、「自分がコンサートマスターになったことより、(外国人である日本人の)自分をコンサートマスターに選んだ方(ベルリン・フィル)がすごいことだ」コメントしたのだそう。安永さんの人柄が偲ばれるひとこまだと思った。

安永さんの日本への凱旋コンサートは、当時テレビ朝日で放映された1983年の大阪シンフォニーホールでの来日公演になる。このときのライブ映像作品がその後なかなかパッケージメディアにならなかったのだが、4年前くらいに カラヤンの遺産シリーズの「ライブイン大阪」として発売。嬉しかった。

安永さんのまさしくコンマス就任時の日本への凱旋コンサート、晴れ舞台で、いまでもかけがえのない宝物である。その作品の中で安永さんのショットや、ソロパートも多くとても興奮した。

それ以来、カラヤン、アバド、ラトルと3世代に渡ってベルリン・フィルの黄金時代の第1コンサートマスターを担ってきて、ずっとこのオケを見続けてきた人だけに、退団後から今に渡るまで全くメディアに露出しないのは、なんか不思議と言うか、悲しいというか、寂しい感じがしていた。

奥ゆかしい安永さんのことだから、まだ時期尚早ということで、メディアを避けているのか、とも思ったり...... でも着実に活動の足元を固めていることが、今日分かってすごい安心した。

数年前、NHKで「夢の音楽堂」という番組があった。8時間に渡るクラシック特別番組で、「ベルリン・フィルのすべて」とか当時、ウィーン国立歌劇場の音楽監督だった小澤さんのオペラの番組であるとか、本当にクラシックファンにとっては堪らない番組だった。 ご存じ小林悟朗さんが制作した番組だ。

その中の「ベルリン・フィルのすべて」は、焼き直しをしたりして2回くらい繰り返し放映されていて、そろそろ第3段を期待していたのだが、悟朗さんご逝去で、その後どうなるのか、まったく白紙だ。このような大作を引き継ぐ後任者など現れるだろうか?

あの歴史的名盤のBDである小澤征爾/ベルリン・フィルの「悲愴」もこの番組から生まれた。もし3回目の制作が実現するのであれば、前回のスタジオのゲストは土屋邦雄さんだったので、次回はぜひ安永徹さんをと思うのである。  

安永さんには活動が定着したら、どんどんメディアに露出して欲しいと思うのである。たとえば本の執筆でもいい。カラヤン、アバド、ラトルと3世代に渡って知り尽くしたベルリン・フィルについてぜひ世間にいろいろ開示して欲しい。本の出版は絶対あると思う。過去に安永さんの書籍は1冊しかなくて、対談集をまとめたものでしかないが、その中で当時のベルリン・フィルのコンマスの年収が当時のレートで800万程度だったとか驚きの告白があったりした。

そういう下世話な話でもいいから、いろいろ知りたいのである。

こちらに新しいマネジメント会社であるアーツ・プラン株式会社による安永徹・市野あゆみコンビの活動内容のURLを貼っておきます。(↓) 

安永徹・市野あゆみの活動計画

 
このコンビの演奏会のスケジュールが網羅されている他、CDの情報も掲載されている。(退団後の新録音はないみたいだが)

都内開催で注目なのは、2013年3月2日での自分の職場でもある洗足学園音楽大学ホールでの大学・大学院オーケストラとの共演と、2013年11月下旬での東京文化会館小ホールでのデュオ・リサイタルだろうか?
洗足学園音楽大学ホールでのコンサートは学校主催なので、洗足学園音楽大学のHPからチケットを購入することができます。チケットは当日会場に取り置き、という形です。東京文化会館小ホールのほうはこの会社でいいそうです。ただし来年の4月くらいに発売とのこと。

私はぜひこの2つの公演行ってみたいと思っています。 さっそく洗足学園音楽大学のほうのコンサートはチケットを購入しました。もうすぐ公演日ですので、すごく楽しみにしています。

演目は、

2013年3月2日(土) 洗足学園音楽大学ホール
大学・大学院オーケストラとの共演
 <曲目>
 モーツァルト ピアノ協奏曲 第24番 K.491 ハ短調
 マルテイノフ ヴァイオリンと弦楽のための “Come In! “
 シューベルト 交響曲第3番 ニ長調 D200

yasunaga_ichino1[1].jpg

今後も安永・市野コンビの活動を暖かく見守っていきたい、と思っています。

また、演奏家の方々はたいていそうなのですが、安永さんもこれまでオーディオ再生、いわゆる聴く方には全く興味がなかったそうです。それが数年前突然に音楽の再生の世界にも興味を抱くようになり、現在はTANNOYのターンベリーを、天井の高さが8メートルある旭川のご自宅の練習室兼リスニングルームでお聴きになっているようです。

下の写真は港区青山にあるあの至極のハイエンドオーディオショップARISTCRATに奥さんの市野あゆみさんと来店したときの様子。オーディオにも興味を持たれているようで、同じオーディオマニアとして嬉しい限りなのです。(↓)

25940505_1108337953_67large[1].jpg


クラシック演奏家 ブログトップ