So-net無料ブログ作成
クラシック指揮者 ブログトップ

山田和樹 [クラシック指揮者]

小澤征爾さんの後を継ぐような「世界の~」という冠が付く日本人の指揮者が、今後現れるかどうか。。。たぶん、あと20~30年は無理なんじゃないか、とも言われているし、自分もそう思う。そんな中で山田和樹氏は、将来の明るい展望が待っているそんな小澤さんの後を継ぐ1番手の将来の期待のホープであることは、誰も異存はないだろう。


yamada_k[1].jpg 

自分もとても期待している。

山田氏の音楽は、自分の場合は、PENTATONEでのスイス・ロマンドのSACDをほぼ毎日のように聴いている。

過去からずっと発売されてきた山田和樹&スイス・ロマンドのアルバムは、ほとんど全部収集して、徹底的に聴き込んできている。

どちらかというとPENTATONEの場合の山田氏へのアプローチは、大曲というよりは、小作品集といったコンセプチュアルな企画ものが多く、これがまた聴いていて、疲れないし、ついつい毎日聴いてしまう原因なのかもしれない。

最近発売されたスペインの作曲家ファリャの作品集は、これは本当に素晴らしい出来栄えで、もう毎日聴いている。

そんな万事が順風漫歩な彼なのだが、自分としては、じつはちょっと厳しい見方をしている。

それは、あまりにスマートになんでもできてしまうこと、若いのに頭も抜群に切れる見識者、そして日本のクラシック業界が彼を将来の日本を背負って立つスター指揮者に育てるべく、とても大事に扱って、いろんなビジネスチャンス&経験を与えていること。

確かにこれにとやかくいうつもりは全くないのだが、あまりに過保護というか、なんでも完璧にスマートにできてしまうことに、なんというのか、存在としての渋み、重量感がないというか、自分にとってクルものがない。

まだ若いから、なのだけれど、彼がまさに指揮者としては、60歳~80歳、つまりおそらくは大指揮者として世界中から認識されるような年頃に”巨匠”と呼ばれるような滲み出る渋み、重さのオーラが出るには、やはり若い頃の血の滲み出るような苦労、失敗の失敗を重ねてこないと、そういうものは滲み出てこないものなのだと思う。

小澤さんは、ある意味苦労の塊のような波瀾万丈な人生だった。カラヤン&バーンスタインの弟子になれた幸運もあるけれど、N響事件、日本と決別して海外でやっていく決心、小澤さんは元来、正直そんなに器用な人じゃないと自分は思う。

でも情熱と実力、そして苦労に苦労を重ね、そしてやっぱり運も必要。そういう波瀾万丈の人生を歩んできたから、晩年にその重み、年輪が発酵するような形で巨匠のオーラが出るのだと思う。


自分は、いまの山田氏を見ていると、あまりにスマートすぎて、大切に扱われ過ぎで、メディアも大絶賛、そういう苦労を重ねる上での年輪のようなものを構築するプロセスがないような気がするのだ。

ときには、メディアのバッシングも浴びなくてはならない。育てるにはそうあるべき。

自分な見方なのだけれど、人間、もうちょっと不器用なくらいなほうが、将来歳をとった時、いい味を出すんじゃないかな、と思うのだ。

まっこれは、幼少時から挫折、失敗の連続だった自分の人生なので(笑)、そういう育ち方をしてきた自分からすると、山田氏はあまりにスマートすぎて、このまま順調に歳を重ねても面白味を感じない指揮者になるのではないか、と思ってしまうのだ。

これは劣等人生だった自分のやっかみだと思ってください。(笑)

小澤さんに共鳴できるのは、けっして器用な人ではないし、苦労の年輪が見えるから。

山田氏をはじめて観たのは、小澤さんのピンチヒッターでのサイトウキネン松本。このときはピットだったので、よくわからなかったのであるが、2回目に観たときは、サントリーホールでのスイス・ロマンド&樫本大進ソリストでの公演。

大変素晴らしかったのだが、自分には騒がれている割には、軽い感じがして、指揮者としての存在感が希薄だった。

山田氏に厳しいことを書いてきてしまったが、あくまで劣等人生の自分から見てのやっかみ。才能は抜群!将来の日本を背負って立つ指揮者であることは間違いないので、頑張ってほしいことは間違いない。

苦労してほしい!メディアもただ持ち上げるだけでなく、育てるために厳しく論評することも必要。

そして巨匠と呼ばれる年代には、滲み出る様なオーラを出しまくってほしい!


応援しているからこその愛のムチです!




ドキュメンタリーOZAWA [クラシック指揮者]

小澤征爾さんがこの夏10年ぶりにタングルウッドに戻ってこられる予定だそうだ。

7/5に小澤さんのスイス国際アカデミーでの弦楽四重奏団を率いて.....
そして7/9にボストン交響楽団とでベートーヴェンのエグモント序曲を演奏されるそう。

その後、学生たちの指導に当たられ2~3週間バークシャーに滞在される予定とも書いてある。

G20120307002777540_view[1].jpg

このニュースを知って、遠い昔に買ってあった「小澤征爾 on DVD BOX」がまだ新品未開封で視聴していないことにふっと気づいたのだった。

DSC04341.JPG



なぜこのBOXを買ったかというと、このように3枚組なのだが、その中の1枚の「ドキュメンタリーOZAWA」。

これをどうしても見たいからだった。

小澤さん50歳のときに作られたドキュメンタリーで、CAMI VIDEO INC.(私は詳しくは知らない。)が制作したもの。それをCBSソニー/NHK、そしてドイツの公共放送であるZDFが版権を持っている、そのような権利関係のドキュメンタリーであった。(このDVD BOX自体は、ソニークラシカルから出ている。)

スタッフ・クルーも当然外国人スタッフで、番組中は小澤さんもすべて英語で話している。

舞台は、アメリカ、マサチューセッツ州のタングルウッド。

小澤さんが29年間にも渡って音楽監督を務めあげたボストン交響楽団が主催するタングルウッド音楽祭。夏の野外音楽祭で、じつはクラシックだけではなく、ジャズ、ポップス、室内楽、現代音楽などじつは総合的な音楽フェスティヴァルなのだ。

演奏会場として5100席の扇型の屋根がついているだけの野外ホールと言っていいクーセヴィツキー・ミュージック・シェッドで演奏される。(最初は小屋という感じだったが、改装されて、だいぶ素晴らしくなったようである。)(以下写真はウィキペディアの写真をお借りしています。) 

220px-Tanglewood_Music_Shed_and_Lawn,_Lenox,_MA[1].jpg
クーセヴィツキー・ミュージック・シェッド
 
220px-BostonPopsAtTanglewood[1].jpg
クーセヴィツキー・ミュージック・シェッドの内部

そして1994年にはセイジ・オザワホール(小澤征爾ホール)がこの土地に造られた。 


220px-Seiji_Ozawa_Hall_(exterior),_Tanglewood,_Lenox,_Massachusetts[1].jpg
小澤征爾ホール
 
220px-Tanglewood_OzawaHall_July_2009[1].jpg
小澤征爾ホールの内部


典型的なシューボックス・タイプで容積もやや小ぶりなので、音響もすこぶる良さそう。
外壁はレンガ、室内は木材をふんだんに使っているのだそうだ。
(写真を見ただけで、どんな音がするか想像できそう。)

サイトウ・キネン・フェスティバル松本が、改名して、セイジ・オザワ松本フェスティバルに変わった時に、記者会見で小澤さんが真っ先に話したことは、このタングルウッドにあるセイジ・オザワホールのことだった。

「建築物含めて、自分の名前を使われることは、なんか墓場を作られている感じで、どうもなぁ(笑)」と仰っていたが、名に恥じぬよう頑張ります、とも仰っていた。

そのときに、このタングルウッドにある小澤ホールの存在を知った。いまこうやって日記を書くために調べて、初めて、その外観、内装を知ったのである。(笑)

非常に評価の高いホールで、数々の建築賞を受賞しているのだそうである。

ネットでいろいろ調べていると、この新しいホールを建てるにあたって、一番多く寄付をした人がそのホールの名前をつける権利があたえられるという流れがあったそうで、このホールはソニーの大賀典雄社長(当時)によって、タングルウッドに一番ふさわしい名前ということで小澤征爾さんの名前が付けられた、ということらしい。(この事実を知って、改めて驚き!)


話をドキュメンタリーに戻すと、内容は、このタングルウッドでの夏の講習会、そして演奏会、また小澤さんの家族ともども毎年の夏、この場所で水入らずで過ごす場面などの小澤さんの素の姿が捉えられている。

昨今の脚色豊かなドラマティックに見せよう的なあざとい作りとは程遠くて、この当時のホントの素撮りに近い感じが返って好感が持てる。

その中で小澤さんが言っていたのは、

「オレはとにかくなにをやってもついていた。斎藤秀雄先生に西洋音楽の基礎を学べた。タングルウッドに来て、いきなりクーセヴィツキー記念賞をもらった。カラヤンの弟子になれた。バーンスタインの助手になれた。とにかくすべてにおいて、オレはついていた。」

なるべくしてなる。持っている人は、やはり持っているのだ。そういう星の元に生まれている、というか。

夏の講習会で指揮を若手に教える。

その聴講生の中に準・メルクル氏の姿もあった。

そうだ!彼もタングルウッドの小澤ゼミ生出身なのだ。

若手への指揮の指導の中で、特にピックアップされていたのが、十束尚宏氏であった。

1982年タングルウッド音楽祭で、クーセヴィツキー賞指揮大賞を受賞。その後、新日本フィルから定期公演デビュー。華麗な経歴を残され、現在に至るが、不詳自分は実演に接したことがない。(不覚)

小澤さんが十束氏を自分の家に呼んで、悩みも含め、腹を割って話し合おうという感じで、家で2人でサシで話すのだが、これがスゴイ迫力なんだ。(笑)

けっして小澤さんはキツイ口調ではないのだけれど、とにかく話す内容が深くて重みがあって、TVの前で見ている自分が説教をされている感覚に陥るくらい。(笑)TVの前にいる自分がビビってしまうくらいだから、目の前にいた十束氏はさぞや。(苦笑)

やっぱり1人で戦ってきた、築き上げてきた、それに裏付けられた話は、深く、重く、説得力があるのだ。

自分は、よく人が書く文章にも例えるのだけれど、美辞麗句、難しい言葉で書き綴られている美文よりも、よっぽどシンプルでズシッと来るような.....小澤さんの言葉はそんな感じ。

「カラヤン、バーンスタインのマネをしようとする人はたくさん知っているけど、ダメなんだよ。カラヤンは、恐ろしいまでに彼独自のユニークなスタイル。バーンスタインにしてもしかり。それは彼らにしかできない。他人がマネしてもできない。結局、自分の道、スタイルは自分が築き上げないとダメなんだよ。」

自分たち一般人は、小澤さんをメディアを通じての姿しか知らない(記者会見、インタビューとか)。

でもカメラが回らないところでは、ボクらが想像できない、音楽家、演奏家たちへの指導は厳しいものがあるんだろうな、と想像する。(真を知る者同士。)

演奏会のシーンでは、ヨーヨー・マ&ボストン響との共演。(ヨーヨー・マ、若いなぁ。)
演奏後、仲良くランチ。話が笑顔で弾む。そんな中で、「東洋人に西洋音楽ができるか?」というテーマになる。2人とも同じ境遇なので、話が深くなる。

そこで、小澤さんが「ちょっとカメラ止めてくれる?」

暗い静止画のあと、場所を変えて、小澤さん、謝罪。でも止めてもらうしかなかった....

小澤さんの自分の人生についてのインタビューは、数年おきのインターバルで行われるのだけれど(最近ではNHKの100年インタビューが印象的でした。)、結局自分の人生なので、小澤さんは同じことを何回も言っているように(笑)どうしても自分には聴こえる。

その中で、「東洋人に西洋音楽ができるか?」というテーマは、もう毎回出てくる内容で、小澤さんが自分の心にずっと持っている一生涯の問題なのだと思える。

演奏会は、その他はルドルフ・ゼルキン(彼の息子であるピーター・ゼルキンは松本のサイトウキネンで聴きました。小澤さん癌療養中の時期でしたが)のベートーヴェン ピアノ協奏曲第2番、そしてジェシー・ノーマン&エディット・ワイエンスのマーラー2番の「復活」。

そして、小澤さんの人生を語る上で、避けて通れないのが、「N響ボイコット事件」。
これもインタビューで内面を語っていた。画面には、東京文化会館の誰もいないステージで1人立つ小澤さん。

「自分は日本人なのに、日本のやり方を知らなかった。西洋流。出るくぎは打たれる。」
「もう日本ではやらない。自分の道は海外でやるしかない。」とそのとき心に決める。

自分は、小澤さんフリークのように思われているかもしれないが、このボストン響時代の小澤さんは知ってはいても、正直熱心な小澤さんの聴き手とは言えなかった。

ゴローさんと出会って、はじめて小澤さんを強く意識したと言ってもよくて、だからサイトウキネンで小澤さんを観れたのはつい最近ことだった。(それも先日、米グラミー賞を取ったあの作品で!(^^))

ふっとしたニュースで、このドキュメンタリーのことを思い出して、今日1日たっぷり見て、なんともいえない気分。

近い将来、海外音楽鑑賞旅行でアメリカ進出を考えている(笑)自分にとって、ボストン・シンフォニーホールでボストン響を聴くことは小澤さんの人生をトレースするためにも避けられない運命なのだなぁ、とつくづく。

さらに他のDVDの2枚も両方とも小澤&ボストン響の演奏。

特に興味を引いたのは、プラハのスメタナ・ホールでの演奏。

プラハの街、そのもののなんともいえない美しさもさることながら、このホールの美しさ&音響の良さに惚れました。(古い録音なのにその音響の良さが分かる。)

プラハはウィーンに近いので、近い将来ウィーンに行く予定からして、急遽プラハも入れようと思いました。


成城学園前のお蕎麦屋さんで小澤征爾さんとバッタリ! [クラシック指揮者]

昨日のことなのに、いやぁまだドキドキが収まらないや。(*^^*)
今日も1日中ハイテンションが続き、仕事も上の空。

小澤さんとのツーショットの写真を、自慢したいがために、携帯で知人に送りまくったりして、私はアホでしょうか。(笑)

昨日は、じつは、成城学園前の某所で、FBの友人達と密談。(笑)

いろいろな話をしたが、その歓談の中で、じつは小澤さんの話もいっぱいしていたのだ。今年の松本のルイージのファルスタッフが入りが悪くて、やっぱり小澤さんじゃないといかん、ということで、来年の松本の音楽祭は、オペラを小澤さんが振るが、なんとオーケストラコンサートも小澤さんが振るらしくて(極秘情報かしら?)、相変わらず小澤頼みの体質が抜け切れない、このような状態でいいのだろうか.....小澤さんのその後はどうなの?など熱論が交わされていた。(笑)

そんな小澤さんの話をいっぱい、いっぱいしてお開きになって、そのときにせっかく成城学園前に来たのなら、小澤さんが足繁く通うお蕎麦やさんの「増田屋」に寄りたいと思った。

友人に場所を教えてもらって、友人とはそこでお別れして、1人でお店に入った。

ここが「増田屋」。

10304791_723353901092276_1012745187776337941_n[1].jpg


このお店有名人が来る店でもあり、山田洋次さん、大江健三郎さん、加山雄三さん、横尾忠則さんなども常連だそうだ。

なんか古き良き時代の日本を彷彿させるようないい感じの店内。

10363700_723353877758945_4294210218464546921_n[1].jpg


入ったら、お店の方はもちろんお客のおばちゃん達がスゴイ元気なのだ。(笑)

成城学園前に住んでいる小澤さんは毎年、このお蕎麦やさんの日めくりカレンダーに今年の抱負を書きこむことで有名なのだ。それを知っていただけに、ぜひそれを撮影したいと思って、おもむろにそのカレンダーのある場所に行く。

そうするとお客のおばちゃん達が、「あらぁ、それってそんなに珍しいものとは思わなかったわ、普段慣れちゃっていて。アハハハ。」

ノンノン 「いやぁ~ボクは小澤さんのファンなので、ぜひこの店に来たくて.....このカレンダー有名なんですよ!」

お店のおばちゃん 「あらぁ、小澤さんだったら、しょっちゅう、そこら辺を自転車に乗って走っているわよ。(笑)あなた、ど
こから来たの?」

ノンノン 「この店に来たくて、横浜から来ました。」

お客のおばちゃん 「あらぁそれはスゴイわねぇ。(笑)」

そして、これが日めくりカレンダー。
小澤征爾さんだけでなくて、小澤ファミリー全員の書き込みがあるのだ。

10612639_723353824425617_1512776348190150221_n[2].jpg

小澤さんは、「いつ来てもうれしくなっちゃううまいそば。征爾。」と書いてある。

そしてお蕎麦を注文。

ノンノン 「小澤さんは、いつもどのお蕎麦を注文するんですか?」

お店のおばちゃん 「そうですねぇ。南蛮蕎麦かカレー蕎麦か、地鳥せいろそば、かしら?」

ということで、地鳥せいろそば、を注文。

オイシソー。(*^^*)

10689807_723353847758948_7684294576399281939_n[1].jpg

結構麺が透き通っていて、柔らかい食感。この暖かいスープタレにつけて食べるのはじつに美味しい。そして中に入っている鳥が美味しいこと!

そうやってがっついていると、ガラっと扉が開いて、そうすると店内のみなさんがスゴイ大声で、「キャー、あらぁ~!」。

振り向くと、もう、びっくりで心臓が止まりそう!(爆)
赤いジャンパーを着て帽子を被った小澤さんがそこにいた!

もうこのときの私のうろたえはおわかりになるだろうか?(笑)
店内のおばちゃんたちは、「いま、噂していたのよ~。ホントにいいところに来たよねぇ。あなた、本当に報われたよね。よかったねぇ~。想いが通じたねぇ。」とみんな一斉に拍手。

私は思わず、立ちあがって、小澤さんに立ち寄り挨拶しないと思い、そのときに、常日頃自分の頭の中にある方程式、「小澤さん=ゴローさん」があるので、ゴローさんの名前を出すと小澤さんも自分への警戒感を無くしてくれるのではないか、と安直に考えたのだ。

「あのぉぉ、私、2年前に亡くなったNHKの音楽ディレクターの小林悟朗さんと交友を持たせていただいていて、悟朗さんの影響でずいぶんと小澤さんを聴かせていただいております。」

とご挨拶。

まさか、私の口からゴローさんの名前が出てくるとは思っていなかったようで(当たり前か?)、かなりびっくりしておられて、「あっそう~!」と満面の笑顔で握手していただいた。

もうその後は大変、お店中、お客のおばちゃん達が、小澤さんに寄ってきて、みんなで記念撮影。(笑)

おさまったところで、私もということで、まずは「小澤先生、ひとりのアングルで。」とお願い。

お店の人が、小澤先生と呼んでいるので、私も自然と、小澤先生と呼んでおりました。(笑)

一生の記念になるショット。
10370439_723351297759203_5192916976189783237_n[1].jpg


その後、もちろん自分とのツーショットで、お客のおねえさんに自分のスマホで撮ってもらいました。写真?恥ずかしからナイショ。(笑)

撮影後に小澤さんは、自分が座っているテーブルの向かいのテーブルに座られた。なんと、私と真正面で向かい合う感じ。(笑)

小澤さんは、お店の人に「いやぁ、じつは8時に晩飯喰わないといけないから、その前に軽く食べれるものにしたいんだよ。」と仰っていた。

ぶっちゃけ言うと、小澤さんと至近距離にいるその空気の重さに自分が耐えられなくなってしまい、もう急いで蕎麦を食べてしまってその場を去ろうと思ったのだ。(苦笑)

ずっと恋焦がれていた恋人に巡り合えて、ドキドキしてしまって早くそのキンチョーする場から去りたいという気持ちと言ったほうがいいでしょうか?

もう小澤さんは、それこそBlu-rayソフトや松本や水戸での生公演、そしてTVなどでもう数えきれないくらいそのお姿を観ているのに、でもそれは自分の存在が知られていないからであって、自分の存在を知られた、お互いが意識するその場のシチュエーションというのは、もう耐えきれないくらい緊張なのだ。

そうすると向かいの席から小澤さんの方から声をかけていただいた。

小澤さん 「ゴローちゃん、亡くなってからもう何年経つかなぁ?」
ノンノン 「もう2年くらい経ちますかね。じつは私、ゴローさんとはオーディオを通じて知り合いになりました。そして、そのゴローさんの力作であるNHKエンプラのベルリンフィルの「悲愴」やサイトウキネンのBlu-rayソフトを随分と堪能させていただいたのですよ。」

小澤さんは嬉しそうだった。でもちょっとマニアックなことを言っているので、びっくりしていたようにも見えた。(笑)

その他にもいろいろ話した記憶があるのだが、なにせそのとき舞い上がっていたので、いまこの日記を書こうとしても思い出せないのだ。(笑)

そうすると小澤さんにもお蕎麦が運ばれてきた。
そのタイミングを見計らって、私はソソクサと帰り支度をして、お勘定を済ませた。

いま考えるとせっかくの機会に愛想ない態度だよなぁとも思ったが(いまでも後悔しています。もうちょっとじっくりとお話ししたほうがよかった)、なにせ世界のオザワを前にして、舞い上がっていて、自分には無理だ、と勘が働いてしまった。

帰る前に、小澤さんにご挨拶。
「それでは、小澤さん、来年の1月の水戸公演、そしてサイトウキネン、ぜひ実演に接して応援させていただきますので、頑張ってください。」

そうすると小澤さんは、食べている最中にも関わらず、わざわざ立っていただいて、ご挨拶していただいた。

もう私は大感動!

常日頃、思うのは、やはり小澤さんの魅力というのは、これだけの人であるにもかかわらず、目線が庶民の私達と同じ高さにある、と感じることだ。また、そう感じさせるところ。

店を出てからもドキドキが止まらず、駅のベンチに座ってSNSにつぶやき。
mixiも反響が大きかったが、FBがスゴイ反響だった。なんといま現在で、1125人のイイネ、がついている。(驚)

FBの友人は203人しかいないのだけれど、FB特有のシステムで、イイネをした友人つながりで、どんどん輪が広がるように通りすがりの人でも見れる仕組みなのだ。とにかくその反響の凄さに驚いている。

正直コワイ。 

妹にもスマホでツーショットの写真を送ったところ、妹の幼稚園の時の同級生の親が小澤さんの秘書をしているらしい。(笑) 母親はオペラ歌手。

世の中、意外に繋がっているかもね!(笑)


クラシック指揮者 ブログトップ