So-net無料ブログ作成
検索選択
クラシック演奏会 ブログトップ

ベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲 [クラシック演奏会]

ヴァイオリン協奏曲は、オーケストラをバックに歌うソプラノ歌手のようにたとえられることが多く、その共通点は華があること。

ブラームス、シベリウス、チャイコフスキー、メンデルスゾーンからヴィヴァルディ、バッハ、モーツァルトに至るまで、どの曲をとっても、自分にとってすごく魅力的。

その中でも、じつは一見渋いというか、通好みともいえるヴァイオリン協奏曲の王者とも言える、一筋縄ではいかない大曲なのが、 ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲。

アラベラ様が、今年2回目の来日で、来週からのシルバーウィークの9/20(所沢ミューズ アークホール),9/21(渋谷オーチャード)でこの曲を披露する。

1510802_713270488713061_1866588125_n[1].jpg


この曲が、難曲という自分の中のイメージは、じつはヴァイオリン奏者の諏訪内晶子さんのご著書で、この曲だけは、他の協奏曲と違って、何回弾いても自分で納得のいく演奏ができない、楽譜としては弾けていても、音楽として弾けていない、と告白されていて(書かれたその当時という意味です。)、その一連の想いを読んで、それがずっと自分の頭の中に染みついていて、そういう先入観を持ってしまったのである。 


DSC03418.JPG
 

たしかに、他の協奏曲は、ヴァイオリンとオーケストラの比重が圧倒的にヴァイオリン主体で書かれているのに対して、ベートーヴェンはそれが対等の比重で書かれていて、それが自分がはじめてこの曲を聴いたときに、他の協奏曲と比較して、華がないというか、ずいぶん地味だなぁ(笑)、という印象を持った理由なのかもしれない。


諏訪内さんの記述のように、全楽章を通じて独奏ヴァイオリンと協奏のオーケストラとの交互の「語らい」の中で進行する、あくまで対等の重き、ということはそういうことなのだろうな、と当時思ったものだった。

技術的には、チャイコフスキーやパガニーニのほうが遥かに複雑で難しい。でもベートーヴェンの場合、いくら努力してみても自分で納得のいく表現ができない、とまで仰っているので、もう聴者に過ぎない自分にはそういう固定観念ができてしまっていたのである。

そんな難曲をアラベラ様の演奏で聴く、という本番に備えて、予習の映像素材として以下のものを観てみた。 


301[1].jpg
 

チャイコフスキー:交響曲第6番『悲愴』、ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲 
小澤征爾&ベルリン・フィル、ムター(2008)

http://goo.gl/eOv0W6

これは2008年のカラヤン生誕100周年記念イヤーにカラヤンの愛弟子であった小澤さんとムターとのコンビで、ベルリンフィルを伴って、ウィーン楽友協会で演奏したものをEuroArtsが録ったもので、この曲の新しい演奏としては自分が相当気に入っているものである。

久し振りにムターを観たが、やはりスゴイ。

ゴローさんは、このBDを観て「ムターうますぎなんだよなぁ。」とため息を自分に漏らしていたことを思い出す。(笑)

とにかく弦を抑える指の力が強くて、ビブラートも相当効いている感がある。変な表現だが、音的にカクカクしているというか、非常にメリハリがあるというかピンと張り詰めた感じの鮮度の高い音色が弾けだされる、という感じで、聴いているだけでなく、観ているだけでも本当に”うますぎ”、なのである。

この対等の語らいの中でも、特に第3楽章の中あたりに、独奏ヴァイオリンとファゴットがお互い語らう箇所があり、ここはこの曲の中でも1番恍惚というか美しい旋律と自分が思う部分。

この演奏でもこの部分は鳥肌ものである。

もっと身近な演奏ではこちら。

DSC03422.JPG



いまから5年前の2010年1月20日のN響のサントリー定期。(1666回 N響定期)
広上淳一さん指揮で、独奏は堀米ゆず子さん。

ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲のソリストとして来日が予定されていたヴィヴィアン・ハグナーが 体調不良で 突然来日をキャンセルした。

その結果 そのときにベルギー行きの飛行機に乗るはずだった堀米ゆず子さんがピンチヒッターとして ステージに立つことになった。

ベートーヴェンの協奏曲そのものは演奏経験が豊富な堀米さんでも予期せずに3日間で全曲をさらいなおし、ステージに立つというのは相当緊張したようだ。本番でも第1楽章の演奏中に大きなため息を何回もつく感じで、相当緊張していたのがよくわかる。

厳しい見方かもしれないが こういう時にこそ演奏家の真価が問われるのかもしれない。

このような緊張の中で、ピンチヒッターに立ち、オーケストラともども熱いものの見事な演奏を展開し、自分を含め、この公演をこの年のN響のNo.1コンサートに推薦した仲間は多かった。

この曲には、そのようないろいろな想いのたけがあるのだ。

その曲にアラベラ様が挑む。

タッグはN響&ブロムシュテット。

彼女にとってもこの曲は過去に何回も演奏してきている(もちろんN響とも!)知り尽くしたレパートリーのようであるが、でも自分にとってははじめての経験なので、とても新鮮な気持ちで対峙できるのが楽しみでもある。


マーラーフェスト1995 [クラシック演奏会]

アムステルダム・コンセルトヘボウは、自分にとってヨーロッパのコンサートホールの中では1番想い入れの深いホールで、以前にも何回もお話しした通り、欧州赴任時代の同時期にアムステルダムに同期の友人が赴任していたこともあって、よくコンサートに連れて行ってもらい、ヨーロッパのホールの中では1番足繁く通ったホールでもある。当時のRCOの首席指揮者はリッカルド・シャイーであった。

2012年に再訪していて、そして今年、もう一度訪れる。

m_040-f0800[1].jpg


本当に不思議な縁で、赴任時代から15年経過した2009年頃にゴローさんと出会って、当時、英国グラモフォン誌のアンケートでRCOがベルリンフィル、ウィーンフィルを抑え、堂々1位に選出され、NHK BS20周年記念番組でハイティンク指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、マレイ・ペライヤ独奏での生演奏を生中継するという企画があった。当日の生中継では、東京でのスタジオではNHKアナウンサーの高橋美鈴さん(清楚な感じが好きで大ファンでした!いまNHK北海道に戻っていらっしゃいます。)、音楽評論家の故・黒田恭一さん(自分の1番敬愛する評論家でした。”わかりやすい”というのが自分の好みに合いました。1度黒田さんのことを日記で書いてみたいと思っています。)、そして元オーボエ奏者の宮本文昭さん(いまは指揮者としても大活躍。その指揮振りは小澤さんばりのアクションです。)の3人で繰広がれるウィットに富んだ会話はとても面白くてスゴク興奮した記憶がある。そして現地からの生演奏の生中継。シューマンのピアノ協奏曲、ブルックナー9番。生中継ならではの傷もあったが素晴らしい中継であった。

ゴローさんは、この収録で、映像はNHKだが、音声はこのオケをこのホールで音声収録するなら,そのノウハウを知り尽くしているオランダのポリヒムニア(Polyhymnia International.BV)という録音、ポストプロダクションを担当する会社といっしょに仕事をすることになる。以前からPENTATONEに注目していたので、ポリヒムニア・スタッフと直接面識が出来て、その後深い関係になっていくのは必然のなりゆきだったのだろう。

この番組は一生の宝だと思い(特にスタジオでの3人のトーク付きが貴重。)、ずっと自分のBDレコーダーのHDDから消していなくて保存してある。もちろんBD-Rにも焼いて永久保存版にしてある。

この番組は、後にNHKエンタープライズからBlu-rayパッケージ化された。驚いたのはその音質の素晴らしさ。TVのAAC圧縮音声でのサラウンドで聴いていた自分にとって、ゴローさんのこだわりである非圧縮のPCMの5.0chサラウンドで編集し直した音声は、TV音声サラウンドとはまったく別次元の音であった。ヨーロッパのEuroArtsなどが使う圧縮の5.1chサラウンドではなく、敢えて非圧縮のPCMサラウンドに拘っていた。

またゴローさんはEuroArtsのオケを録るカメラワークが好きではないようで(特に曲のフレーズに合わせてパンと言ってショットを抜くように画面を頻繁に切り替える、そのやり方がわざとらしいと嫌っていた。)、自分独自のオケを録る撮影アングル、ポリシーを持っていた。こうしてみるとゴローさんは、音声よりも、やはり映像の人だったのかな、ともつくづく思う。

赴任時代から15年以上経過したこの時期に、こういう出会いでもう一度アムステルダム・コンセルトヘボウを思い出すとは不思議な縁である。

それからさらに6年経過した今年はスイス・ジュネーブのヴィクトリアホールについで、このアムステルダム・コンセルトヘボウと、まさにPENTATONEに拘る旅。10/9のコンセルトヘボウでのイヴァン・フィッシャー指揮でのRCO公演、無事チケットも取れました!座席も、このホールで体験してみたかった自分の好み通り。順風満保な滑り出しである。

前置きがすごく長くなってしまったが、このアムステルダム・コンセルトヘボウで、自分の赴任時期にとてもエポックメイキングなイベントがおこなわれた。


マーラーフェスト1995。


今日の日記は、このイベントについて書いてみたいと思った。マーラーの全曲演奏会は、いまでこそ当たり前というか、2,3年前にマーラーイヤーであったこともあって、どちらかというと食傷気味ともいえる感じ。(笑)自分も最近では、インバル/都響のマーラーツィクルスを完遂した。

マーラーはこのRCOのオーケストラが好きだったようで、定期的に客演指揮している。そのため、このコンセルトヘボウではことさらにマーラーの曲の演奏が多い。まさにマーラー演奏の歴史的メッカともいえるホールだと思う。

1995年の5月、アムステルダムで大規模なマーラー祭が開催され、交響曲とカンタータ<嘆きの歌>やほとんどの歌曲が演奏された。

コンセルトヘボウ管弦楽団、 ウィーン・フィル、ベルリン・フィルの三大楽団と、その予備軍というべきグスタフ・マーラー・ユーゲント管弦楽団が登場。これらが一同に、アムステルダムのコンセルヘボウに会するという夢のようなフェスティバルであった。指揮者は、ハイティンク、シャイー、アバド、ムーティ、ラトルという凄い豪華陣。

第1番 シャイー・コンセルトヘボウ管 5月3日 (さすらう若人の歌併録)
第2番 ハイティンク・コンセルトヘボウ管 マルジョーノ、ネス 5月5日
第3番 ハイティンク・ウィーンフィル ネス 5月7日
第4番 ムーティ・ウィーンフィル ボニー 5月8日(リュッケルト歌曲集併録)
第5番 アバド・ベルリンフィル 5月9日(オッターとの子供の魔法の角笛から併録)
第6番 ハイティンク・ベルリンフィル 5月10日 (リポヴシェクとの亡き子をしのぶ歌併録)
第7番 ラトル・ウィーンフィル 5月11日
第8番 シャイー・コンセルトヘボウ管 ボニー、アンドレアス・シュミット他 5月16日
第9番 アバド・ベルリンフィル 5月12日
第10番からアダージョ ハイティンク・グスタフマーラー・ユーゲント管 5月14日
大地の歌 ハイティンク・マーラーユーゲント管 ハンプソン、ヘップナー 5月14日
嘆きの歌 シャイー・コンセルトヘボウ管 5月2日 (子供の不思議な角笛から併録)


まさに自分の赴任時期に、このようなすごいイベントが行われたこと自体、夢のようだった。1人の指揮者でひとつの楽団で、マーラーツィクルスをやるというのは現代のスタイルであろう。

でも、これだけのメンバーが、マーラー演奏のメッカであるコンセルトヘボウで一同に会する、ということ自体、いまでは考えられないことだと思う。

夢のある時代であった。

アムステルダムの同期の友人はこのコンサートに通った。
後に自分にこのように伝えてくれた。

1,2,5,7,9番を聴きに行った。とても素晴らしくていまでもその衝撃は忘れられない。いままでマーラーという作曲家をきちんと対座して聴いたことがなかった。でもこの演奏会に足を運んで、はじめてマーラーの魅力がわかったよう気がしたよ。マーラーを聴くようになったのは、このイベントのおかげだよ。

さらには、

特に数年前にベルリンフィルのコントラバス首席だったライナーツェッペリツ氏が亡くなったが、このマーラーフェスト5番のときの休憩時間に奥さんとずっと抱き合って何か特別だった気がしたらしいのだが、この日の演奏が最後のベルリンフィルの日だったのではと思えた。第一楽章の彼のコントラバスがうなっていたのを近くで聴いていた。 カラヤン時代を支えた天才だったね。

9番の日は、オランダのベアトリクス女王が来る特別な演奏会であった。最初に女王入場で拍手と起立でお出迎え。2階席中央に座った。自分の席は一階席中央、良い場所。(当日並んで買えた。)コンサートマスターはブラッハーとスタブラバ。
第4楽章が天国的恍惚感があったのも記憶にある。最後はしばらく誰も拍手できない状況でアバドもそのまま動かなかったのを覚えている。

アバドの9番のラストは、まさにずっとこのようなスタイルで、自分もルツェルン音楽祭のBDを観て、いつまで経っても動かないその静寂さはスゴイ鬼気迫るものがある、と感じていた。

そんな歴史的マーラー全曲演奏会であったのだが、そのときの演奏の模様をじつは収録していて非売品CDとして世の中に存在していたのだ!

驚き!

オークションで出品されていたのを偶然見つけて、即座に落札。10万円という信じられない高値であったが、これだけの歴史的演奏会の録音、自分はまったく高くない、と思った。

マーラーフェスト1995の非売品CD

DSC03206.JPG

録音はオランダ放送協会によるもの。
このセットはベアトリクス女王も含むごく少数の人しか出席していない、コンセルトヘボウホールの前マネージャー退任記念パーティで配布された自主制作盤で、他にも世界中の大きなラジオ局には少数配布されたようなのだが、一般には全く流通していない大変貴重な非売品である。(もちろん権利関係ははっきりクリアした正規盤です。)

実際聴いてみたが、確かに、最新の新しい録音と比較するとナローレンジだし、優秀録音とは言えないけれど、素晴らしいホールの響きも適度に含んだライブ感覚を大切にした質のいい録音だと思った。

さっそく友人に貸してあげた。ものすごく喜んでいた。
9番の最後の静けさも記憶通りで当時が蘇る感じで感無量だ、(泣)と感激していた。

相当彼にとって、想い入れが深かったようで、そろそろ返してくれ、と言っても、なかなか返してくれなかった。(笑)

このようにきちんと音源はあるのだから、今後もしマーラーに関するセレブレイト・イヤーがある場合、非売品ではなくて正規発売されないのかな~と期待していたりする。

さらにこのコンサートの映像も残っているのではないか?と期待している。いまでは当たり前であるが、1995年当時では画期的とも思われるパブリック・ビューイングがあって、ホールの外に大きなスクリーンをたてて、中に入れない人のために演奏風景を外に映し出していた、と友人は言っていたので、映像収録素材があったりするのでは、と想像したりするのだ。

いずれにせよ、これだけのメンバーが集まった大規模なマーラー演奏会というのは過去に例がないと思うし、その時代、その時期にその場所に居合わせた自分の奇跡には驚くばかり。

このマーラー演奏のメッカであるコンセルトヘボウで、このような大規模な歴史的なマーラー・ツィクルスが、また開催されることを強く期待したいです。いまのクラシック業界にそんなパワーがはたしてあるだろうか......

そのときは会社、長期休暇を取って、全曲参加したい、と思います。(笑)
 


クラシック演奏会 ブログトップ